本文へジャンプします。




2009年2月

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

極寒の2連続釣行

 菜種梅雨というそうですね。今週1週間は一日たりとも晴れた日がありませんでした。それでも行ってきましたよ、水曜、木曜と。
Th_dsc_0036 水曜日は浦安の吉野屋からフグ釣りです。小雨交じりのさむ〜い一日でしたが、予想に反してフグは釣れました。

 自分にとっては1年ぶりくらいのフグ釣りでしたが、やっぱり楽しいですね、湾フグは。今年あたり、正調なタックルをそろえて通ってみようかと思います。

 味も最高です。この時期は「ノリフグ」と言って海苔を食べているせいか、ほんのり身に海苔の味がするそうです。空揚げにしないで、刺身で食べればよかった。

Th_dsc_0079 翌日はエビメバルです。この日は雨も少し降りましたが、北東風をもろに受けての釣りだったせいか、寒いのなんの。

 型はよかったものの、アタリは今一つ。ワタクシも試している仕掛けがあり一日がんばりましたが、今日は惨敗でした。

 2日とも近場での釣りだったけど、やはり疲れました。とくに腰と肩はパンパン、歳ですかねえ。

 明日はヤリイカ。天気が回復しそうなのでホッと一息です。ワタクシはイカはそこそこに一発大ダイを狙うつもりです。朗報をお待ちください。

| | コメント (2)


2009年2月24日 (火)

明日からの予定

 明日から土曜日まで、3日間釣りの予定が入っています。うち乗合船での釣行が2回ありますので、お暇な方はいらっしゃいませんか?

 25日=浦安の吉野屋。フグ乗合。同行はO藤編集長。
 26日=鮫洲のいわた丸。エビメバル乗合。同行は藤井魚聖さん。
 28日=剣崎間口港の又信丸。釣り物はヤリイカ。これは仕立出船ですので同船は不 可です。

 お天気はあまりよくないようですが、もう締め切り直前で後がありません。船が出られることだけを祈っています。

| | コメント (1)


2009年2月23日 (月)

マルイカ取材

Th_dsc_0023 22日(日曜)は今期2度目のマルイカ取材です。釣行先は葉山あぶずる港の愛正丸。さすが人気の釣り物だけに、ほぼ満船の盛況ぶりでした。

 実はワタクシ、仕事の関係で色んな港へ顔を出しますが、なぜか葉山周辺の港はなじみがありません。訪れたのも数年振り、愛正丸さんに乗船したのは10年以上昔だったかも。

 いつもは顔見知りの船長にあいさつしつつの乗船ですが、知り合いの船長といえばY丸の小峰さんくらい。ちょっとばかり、緊張してしまいました。

 常連さんによると、葉山周辺の船宿はかなり代替わりして、若くておもしろい船長が増えたとのこと。今度葉山に詳しい上野ひとみさんにお願いして、飲む機会でも作ってもらおうかしらん。

 実は今日(23日)もメバル取材の予定でした。この天気じゃ、ということで木曜日に延期です。今週は昨日の釣行も含めて日、水、木、土曜日と週4回船に乗る強行スケジュール。これ以上の悪天候に見舞われたら後がありません。雨はいいとして、せめて風だけは吹かないことを願っています。

| | コメント (0)


2009年2月20日 (金)

葬儀出席

 今週の火曜日、シマノ販促企画部部長、田辺均さんの訃報が届きました。水曜通夜、木曜本葬ということなので、ワタクシは本葬に出席することにしました。

Th_p1010749 田辺さんのセクションはワタクシたち、マスコミ関係の窓口でもあり、最高責任者でもあります。児島玲子さん、村田基さんなどのタレント、インストラクターや釣具店関係などシマノに関係するたくさんの人たちのパイプ役でもあり、田辺さんの存在はある意味シマノの顔でもありました。

 ワタクシも十数年にわたる付き合いの間柄、日釣振では同じ環境委員会のメンバーでした。今回のフィッシングショーの現場でも何度もお目にかかり、その都度丁重な応対にこちらが恐縮するほど人当たりのいい方でした。まだ52歳ということです。

 斎場は大阪府境市にある境大阪祭典。シマノ関係者、マスコミ、釣具関係者、親族・友人ら数百人が参集して、田辺さんのご冥福を祈りました。

 

| | コメント (1)


2009年2月16日 (月)

フィッシングショー

 お知らせしたように、木曜日の夜から日曜日までフィッシングショー三昧だったため、ブログ更新を怠ってしまいました。申しわけありません。今回はちょっと多めに書いてみます。

・12日=某釣具メーカーの副社長やマスコミ関係者約10名で横浜関内のこぎれいな寿司屋さんにて会食。久しぶりにちょっといいものを食べさせていただきました。例によって2次会は小指系です。粒ぞろいのお姉さんたちがお相手をしてくれ、夜の更けるのも忘れて……。と言いたいところですが、最終電車の時間があったので中座させていただきました。もう少し、いたかったなあ〜。

P1010702・13日=Fショー初日です。今年から業者専用日がなくなったので、どれだけの人が来場するか、とても興味がありましたが、昨年とほぼ同じでした。

 午後6時からパシフィコ横浜の会議室を借り切ってフィッシングショーウエルカムパーティです。なんと参加者は業界関係を中心に600人近く。料理を食べるのも行列で大変でした。あちこちで2次会に誘われましたが、また終電ギリギリになると予想し、丁重にお断りしました。

・14日=開場時間が9〜6時という3日間でもっとも長い一日の始まりです。外気温20度以上を記録したこの日は会場内も人いきれでムンムン、関係者は汗びっしょりで対応していました。

 終幕近くになるとさすがにワタクシもぐったり。一日がこれほど長く感じたこともありません。スタッフに断って5時半には会場を抜け出しました。

 この日は某メーカー関係者の人たちと横浜のホテルに泊まりました。1軒目は居酒屋、2軒目小指系と進み、3軒目……も、となるはずでしたが、その前にギブアップ。ホテルに戻ってバッタリでした。

Th_p1010718・15日=最終日です。この日は12時からつり情報のブースで大塚貴汪さんのサイン会があったので、それまでは準備に追われていました。

 1時間だけのスケジュールなので50人限定としましたが、20人近くのお客さんがあふれてしまい、ご迷惑をおかけしました。無事に終わってホッと一息です。

Th_p1010714 続いて13時からはクールアングラーズアワードの表彰式で、つるの剛士さんが登場します。

 つるのさんとは釣りビジョンのキャスターをしていた時からの知り合いで、何度か一緒に出演したことがあります。ご存じのとおり、現在は「ヘキサゴン」でブレイクして大変な人気です。ステージ前には9時の開場とともに熱烈なファンが陣取り、スタート時には千人近いファンであふれかえりました。主催者の話ではこんな出来事は始まって以来(今年で4回目)だそうです。

2009021514370000 無理を言って控え室にお邪魔してツーショット写真にサインまでいただいてしまいました。実は娘がつるのさんの大ファンなのです。持って帰ったら、さすがに大喜び。少しは父親の株が上がったようでした。

 長い3日間でした。来場者の皆様は楽しめたでしょうか。関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

| | コメント (3)


2009年2月12日 (木)

連チャン釣行

Th_dsc_0068 10日は1日以来、久しぶりの釣行でした。1週間以上釣りに行かなかったのはここ最近記憶にありません。行き先は金沢漁港のK丸さん、釣り物は解禁したばかりのメバルです。

 以前にも書いたとおり、1日の解禁日にも同港を訪れており、くしくも同じ港、同じ釣り物の2連チャン。違うのは船宿と今回は一日釣りで狙う(前回は半日釣り)ことだけです。

 1週間近くたつとさすが海の様子は変わるものですね。型も数もまずまずでした。この日は潮が少し濁ったせいか、魚皮によくアタりました。それもある特定の色だけに……。私はこれで竿頭でした。

 メバルの食いが渋くなった午後からはイシモチ釣りに変更。リレー釣りは変化があって飽きないところがワタクシ向き。これもポツポツと釣れてお土産には十分でした。

 詳しくは3月1日発売号の「おんな釣り師 沖釣りライト主義」をご覧ください。

P1010694 翌日は本来休日だったのですが、編集部のOが小田原のマルイカへ取材に行くというので、一般客に紛れ込んでのお邪魔虫。

 今期初マルイカということもあり、入れ込んで出かけましたが、釣果は今一つ。このところの一番安定して釣れていた所なのにガッカリです。でも今期の初物、ねっとり甘いマルイカの刺身はたっぷりいただきました。

 さて、明日(13日)から国際フィッシングショー2009の開催です。「つり情報」コーナーでは日曜日の12時から大塚貴汪さんをお招きしてのサイン会も開催されます。ぜひお立ち寄りください。

 ワタクシも3日間、会場に詰めておりますので、もしブース周辺でウロウロしていたら遠慮なく声をかけてください。

 もう一つお断りです。そんなわけでブログの書き込みは携帯でもできるようですが、まだ挑戦していません。もしかすると月曜日まで更新しないかもしれませんのが、その際はお許しを。

| | コメント (1)


2009年2月 9日 (月)

暇な日曜日

 フィッシングショー直前の日曜日、ポッカリ予定が空いてしまいました。当初、釣りの予定でしたが、相棒の都合で取りやめ。一人で行こうとも思いましたが、風も強そうなのでやめました。

 そこで、一人でドライブがてらまだ行ったことのないラーメン博物館、ついでにチェーン店で売り上げ日本一というポイント港南台店に行ってみることにしました。

2009020811260000_2 まず、ラーメン博物館です。レトロな内装はまるで「オールデイズ3丁目の夕日」の撮影現場。とてもよい雰囲気ですが、朝食抜きでお腹ペコペコ。まずは腹ごしらえとラーメン屋に飛び込みます。

 選んだのはニンニクチップが食欲をそそる熊本ラーメン「こむらさき」でした。

2009020811180000 そこで頼んだのが、もやしラーメンに半ライスのセット。ところが、これが大失敗でした。

 味は申し分ないものでした。が、もっと入館時のパンフレットを見ておくべきでした。どの店にもミニラーメンというメニューがあって、ハシゴができるようになっていたのです。店内の人たちはほとんがミニラーメンでした。

 お腹いっぱいでしたが、せっかく来たのだからともう1軒、和歌山ラーメンの「井出商店」でミニラーメンを食べましたが、お腹はもうはち切れんばかり。これじゃいつまでたっても痛風は治りっこないですね。

 それから車を走らせてポイント港南台店に。さずが日曜の午後だというのに駐車場は7分埋まっています。広い店内は展示商品も多数。

 その中で驚いたのは、リールコーナーでした。他店ではガラスケースに入っている高額商品も気軽に触れるようになっているのです。あこがれのミリオネアICVやコンクエストFなどを触りまくっているうち、徐々にほしくなってきますが、グッと我慢。仕掛けを1組だけ買って帰って来ました。お店にしてみれば迷惑な客だったかも……。

 

| | コメント (1)


2009年2月 7日 (土)

大阪出張

2009020518540000_22009020518550000_8  6日からフィッシングショー大阪の開催、ということで前日の夕方に大阪入りしました。
 せっかく来たのだから、普通の居酒屋では芸がないと思い、現地代理店のH氏を呼び出し、通天閣の串揚げ屋さんに連れて行ってもらうことにしました。

 通天閣タワーの近くにはジャンジャン横町というのがあって、たくさんの串揚げ屋さんが軒を連ねています。一番人気は写真にある「だるまや」さんですが、平日の夜にもかかわらず、10人以上の行列ができています。

2009020519590000_4 やむなく他の店をあたりますが、店によってはガラガラの所もあって、その格差には驚いてしまいます。

 私たちは込みも空きもしていない店を選びましたが、味はいいものの何か足りないことに気が付きました。そうです、食べ放題が定番のキャベツがないのです。店の人に聞くと、「ウチは置いていない」と一言。やむなく店変えです。

 次の店もまずまず客が入っている店、そこでようやく本来の串揚げにありついたという感じでした。それにしても串揚げ屋をはしごする人なんているんでしょうかねえ。我慢してだるまやさんに並んでいたほうがよかったかも。

 3軒目は北新地のパブ、というかラウンジ(店の人はそう言っていた)に。きれいどころをはべらしてのカラオケタイム、それはそれで満足しました。

2009020614060000 翌6日はフィッシングショー、といってもこの日は業者だけの公開日なので、それほどの混雑はありません。名物の釣具販売は一般公開日のみですから、訪れる人は釣具店や業界関係者だけです。

 ワタクシも今日に限ってはコメツキバッタ。普段広告出稿で世話になっているメーカーの担当者回りが主な仕事です。それほど大きい会場ではありませんが、1時間もうろうろしているともう疲れてきます。1週間後は横浜でまた会えるので、ひととおりあいさつしたところで引き上げました。

 帰りの新幹線はぐっすり。家に着いて滅多に着ない背広を脱いだら、ほのかに漂ってきたのは揚げ物の臭いだったような気がします。
 

| | コメント (0)


2009年2月 4日 (水)

痛風の敵

 来週まで釣りに行く予定はありません。そこで病気ネタを一つ。
 昨年の12月ごろからでしょうか、親指の第二関節あたりに突然、ハリを刺したような痛みが走りました。

「ウン? 船の上で足でもひねったか」と思いましたが、どうもそんな痛みとは違います。それも断続的に「チクッ、チクッ」という感じで襲ってきます。それが片方の指にもきましたから理由は明白。そうです、痛風です。

 痛風は高尿酸血症とも言われ、痛みは尿酸の結晶が引き起こします。通常、血中濃度が7mg/dlを超えると確実に結晶が出来上がると言われています。ワタクシの昨年7月時点での値は7mg/dlギリギリでした。たぶん、これまでのすさんだ食生活が値を引き上げたのでしょう。

 この尿酸(プリン体)値を多く含む食品は多岐にわたります。加えてビールやラーメン(とくにとんこつ系)は最大の敵、しかしながら尿酸を気にしていては実に味気ない食生活となってしまうでしょう。もちろん、ワタクシも食生活を変えるつもりはありません。

2009020412320000 そこで先日、かかりつけの医者で血液検査をしてもらいました。すると尿酸は7.4mg/dl。みごとオーバーです。さっそく尿酸値を下げる薬を処方してもらいました。これでひと安心、と思って1週間ほど飲んでいますが、まだ効き目はないようです。

 ちなみに写真は今日の昼食、先日会社の近くにオープンしたインスパイア系ラーメン「大二郎」のラーメン(700円)です。まさに尿酸値のかたまりという感じですが、一度食べるとやめられないのです。

 依然として「チクッ」という痛みがやってきます。どうしたらいいのでしょう。一人で悩むのも心細いので、痛風談議できる仲間を募ります。なんなら船釣りクラブ「チーム痛風」でも作りましょうか。

| | コメント (6)


2009年2月 2日 (月)

大シケのメバル解禁日

Th_p1010691_2 2月1日は東京湾のメバル解禁日です(船橋〜八景まで)。もちろん本誌取材チームも動いていたのですが、ワタクシはジモッテイの釣り仲間に誘われて急遽、金沢漁港のT丸から午前メバルに行ってきました。

 当日は朝から10メートル以上の北風が吹き荒れていましたが、徐々にナギるという予報を信じての釣行でした。ところがいつまでたってもナギるどころか、ますます風は強まるばかり。

Th_p1010690_2 幸いにもメバルの食いは良好でした。小型も多かったけれどトップで50尾、ワタクシも26尾を釣ってまずまず。というより、このシケで釣れなかったら、船酔いしていたかも、と思います。

 当初の予定は午後イシモチも乗船する予定でしたが、猿島沖では不可能、北風はモロ受けする場所なのです。やむなく帰宅しましたが、1時前には自宅に着いてしまいました。

 あまりに暇なので、パチ屋さんに行ったら大負け。無理して何かの午後釣りに乗っていたほうがはるかにマシでした。やっぱり休日は釣りに限る!

| | コメント (3)


« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »