本文へジャンプします。




« ドジを踏んだ | トップページ | 日本釣り船団体協議会 »

2009年3月 7日 (土)

狙いどおり

 この1週間釣りに行っていません。昨日(6日)は飲み会で午前様、それでもいつものクセで7時半には起きてしまいました。

 外はいい天気、でも風が強いようです。天気図を見ると、これから高気圧が張り出して、風は収まってくるようです。

P1010781 ならば、と思いたったのが外房勝浦沖で釣れ盛っているヤリイカです。でも、御宿〜江見までの港は第1土曜日で定休日、そこで狙いをつけたのが、大原の船宿です。

 ところが、午前中風が吹き荒れたため、午後釣りの船が出る船宿は限られています。ダメもとでC丸に電話してみると、出船します、といううれしいご返事。急遽、午後ヤリイカに単独プライベート出動です。

P1010777 大原港に着いてみると、案の定、いいナギ。おまけに釣り客は9人で、大型船は広々です。12時半に港を出て釣り場に着くと、普段の休日なら大船団のできる勝浦沖はたった4隻の大原船で独占です。

 1投目から入れ乗りです。写真は釣り開始から2時間ほどの釣果。晩のおかずにでも、と思っていたのですが、もう釣る手が止まりません。ダブルは当たり前、7本ヅノに5杯、6杯掛けも連発。

P1010780 型も中型主体にまずまず。なにしろ水深は90〜110メートルという浅場。まるで魚のアタリみたいな「ドスン」という乗りがくるので、釣り味も最高です。

 後半は海もベタナギ。午後5時過ぎまで釣って、場所変えはわずか3回。ほぼ空振りなしの入れ乗りが続き、終わってみれば86杯、26リットルのクーラーは氷も入る隙間もありませんでした。束超えの人も2人いたようです。

 連日、好調の続く勝浦沖をわずか4隻の船で攻めたのだから、釣れて当たり前。でも長い釣り人生で取材以外にこれほどいい釣りをしたのは、約15年ぶり。本当にいい日に来た、狙いが当たったと我ながら満足しています。

 たまにはこんな日があってもいいですよね。

 

 

| | コメント (1)

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事


コメント

外房名物の大流しですね
しかし、3回だけというのは凄いですね
羨ましい~

投稿: 烏賊屋 | 2009年3月 9日 (月) 16時20分

コメントを書く