本文へジャンプします。




2009年7月

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

お盆進行

 Photo
 本日最新号、出来上がりました。当初はタチウオを表紙にするつもりでしたが、剣崎沖でワラサが釣れだし、急遽差し替えとなった次第です。ぜひとも、ご一読を。

 発売直後はちょっとした休息の取れるころなのですが、今回はそうはいきません。GW進行の忙しさに匹敵するお盆進行に突入しているからです。

 通常は8月15日に次号が発売されるのですが、印刷屋さんも問屋さんもお盆休みに直面するため、発売は11日に繰り上がっているのです。つまり、いつもより4日、早いわけです。

 まあ、いつものことではありますが、編集部はこれから猫の手も借りたいくらい忙しくなります。たぶん、今度の土日もほとんどが出社でしょう(ワタクシは所用のため休み)。

  それが終われば夏休み。といっても、別段予定はありませんが。

| | コメント (4)


2009年7月29日 (水)

初物カワハギ

2009072718370001 27日、翌日の釣りに備えて早めに帰社。バイクで帰る途中、きれいな虹が出ていたので、平井大橋の上からパチリ。明日の好天は約束されたようなものです。

 ところが、この日は朝から土砂降りの雨。車に荷物を積み込むだけでずぶ濡れでした。

 それでも熱海港に着いたころには雨も上がり、なんとか無事に出船することができました。

Th_dsc_0050 今シーズン、初めてのカワハギ釣りは2大メーカーのニューロッドを借りての試釣会も兼ねました。カワハギ竿はもう熟成されている観もありますが、こうしてみるとまだまだ……。8月11日発売のつり情報をお待ちください。

 やはり久しぶりの釣りは苦手です。頭では分かっていても体が付いていかないようです。釣果は散々、でもDKOの日をピークに持って行けばいいんだ、と自らを納得させました。

| | コメント (3)


2009年7月26日 (日)

日立沖のフグ

 フグファンの方はご存じでしょう、今茨城県日立沖でフグが爆釣していることを。先週の木曜日あたりから釣れ始め、10時過ぎに釣れすぎ早揚がりなんていう船もあったくらいです。

 それも30センチ級の大型ばかり、加えて水深10メートルを切る浅場だというのです。これを見逃す手はありません。近所の釣り仲間をそそのかし、N丸に日曜日の予約を入れました。

 釣行前日の土曜日、相変わらずフグは好調で竿頭で60尾を記録した船もありました。釣れたも同然と、意気揚々と日曜日の未明に出発したのでした。

 同じく大型フグ入れ食いを夢見た十数名の釣り客とともに出船。船長も「今日は9時に早揚がりだろう」なんて冗談半分。ところが……。

2009072610560000
 海は無風に近いというのに、釣り場には2メートル近いウネリが押し寄せています。おまけに、オモリを触ってみるとヤケに冷たい。

 入れ食いスタートのはずが、いつまでたってもアタリがきません。1尾目は30分後、2尾目も……。船長も徐々に無口に。

 写真は納竿1時間前、この後中型を3尾追加して7尾で終了。これでも船中では上位、仲間はわずか2尾でした。

2009072612560000 今日はフグのフルコースを予定していただけに、このままでは帰れません。港近くの「日立おさかなセンター」でお買い物、トホホ。釣りの帰りに魚を買うのも久しぶりでした。

 海って、ホントに分かりませんね。他船もたくさんの釣り客を乗せて右往左往しているのを見て、船長が気の毒にさえ思いました。

 まあ、こういうこともあるから釣りは面白いんでしょうけど。

| | コメント (4)


2009年7月24日 (金)

9日ぶりの釣り

Th_dsc_0111 昨日は久しぶりの釣りでした。数えてみると9日空いています。ワタクシにとってこれほどの日を空けるのは滅多にないこと、もちろん今年初めてです。

 出かけたのはまたもタチウオ、今度は久里浜港からの出船です。前回の釣行では課題を残したままの納竿だったので、気合を入れての釣行でした。

 しかしながら、またも撃沈。写真を撮っていたハンデもありましたが、初めてタチウオを釣るという読者にダブルスコアを食らってしまいました。おまけにコーチ役でしたので、立場がありません。

 アタリはあるけれど、どうしても掛けられないという迷宮に紛れ込んでしまったようです。しばらく通うか、諦めて他の釣り物に変更するか、今週末の釣行は頭を悩ましているところです。

| | コメント (1)


2009年7月21日 (火)

まったり3連休

 この3連休は久しぶりにまったりしていました。

 まず、土曜日は入院している友人をお見舞い。横浜の外れなので一日仕事でした。

 日曜日、プライベートで午前タチウオを策略してましたが、日並みが悪いのでドタキャン。単独釣行、予約不必要な船宿はこんな時に便利ですね。取材では絶対無理です。

 夜は編集部K宅にお呼ばれして大宴会。おいしい日本酒(雪中梅)、芋焼酎(天下無双)をたくさんいただきました。

Th_p1010993 そして月曜日は「親子DEエンジョイフィッシング」、LTイサキのお手伝い。久里浜から3隻、60人を集めての釣り教室です。

 ところが剣崎沖のイサキはまったくのご機嫌斜め。早々にサバ釣りにチェンジして、皆さんそこそこのお土産を確保したようです。

 剣崎沖ではワラサが釣れ始めており、近くで指をくわえているのがなんとももどかしい一日でした。

| | コメント (1)


2009年7月17日 (金)

2シーターが軽に

2009071416280001 事情があって3年間乗り続けたロードスターRHT(走行距離約4万キロ)を売ってしまいました。

 代わりに購入したのが、国内販売でトップを快走していた(現在はプリウスが1位)ワゴンR。ナビ付きの新車だけど、ロードスターを売った分で十分オツリがきました。

 といっても、ワタクシが乗るわけではありません。これからはカミさんの足となるわけです。ワタクシは今までカミさんの乗っていたボロボ(ボルボともいう)になるわけです。

 ボロボを乗り潰すにはまだまだ時間がかかりそうです。コイツは丈夫ですからね。

| | コメント (5)


2009年7月15日 (水)

2泊3日の釣り

Th_dsc_0011 日曜日から火曜日まで2泊3日で取材に行ってました。更新がなかったのも、そのせいです、すみません。

 まず日曜の5時、飯岡に向かって出発です。7時ごろ着いて、なじみの船長さん、ニフティ関係のTさんと一杯。飯岡、銚子産の魚を腹一杯食べて早めの就寝としました。

 翌日はU丸さんからタイ五目です。予報に反して、海は大荒れ、おまけに8時までは濃いモヤに包まれ、まともに写真も撮れませんでした。

 10時を過ぎてからは波高3メートル、15メートル以上の風となって、何やら胃の奥がムカムカと。そうです、久しぶりの船酔いです。あと1時間いたらどうなっていたか……。

 飯岡から急いで帰宅して準備を整え、今度は横須賀に向かって出発です。K丸船長とまずは焼鳥屋、続いて小指系、最後は麺類というフルコース。満足しました。

Th_dsc_0018 そして翌日(14日)はタチウオ釣りです。昨日は船中ゼロという悲惨な結果に、半分は諦めての釣行でしたが、なんと、竿入れから食い活発。ホント、タチウオは幽霊ですね。

 取材大成功で昼には港着、3時には自宅に帰り着きましたが、2日間ほとんど寝ていないので、いきなり爆睡モード突入です。

 しばらく会社仕事です。今度の週末は3連休、醜態をさらした今回のタチウオ、リベンジに行こうか迷っているところです。

 
 

| | コメント (3)


2009年7月11日 (土)

サイモン&ガーファンクル

20090710171300002009071018300000 今日は久しぶりのコンサート鑑賞でした。早ばやとチケットを確保してあったサイモン&ガーファンクル、最後の日本公演と言うことです。

 同行は先日、キャバクラ通いした悪友Uです。Uとは高校時代からお互いS&Gの大ファンだったのです。。購入したのは1万3千円もするS席(3塁側、一階席)、かなり期待して行ったのでした。

2009071021120000 実はワタクシ、この年になるまで一度も東京ドームは行ったことがなかったのです。あんなに広い会場でコンサートを見るのも初めて、席にたどり着くのもひと苦労でした。

 で、座った席に幻滅。ポールサイモン、アートガーファンクルの姿は豆粒くらいしか見えません。動作も判明できず、ずっとビジョンを見るしかありませんでした。

 でも、久しぶりに聞くS&Gの声はすばらしいものでした。とくにアートガーファンクルの高音は少しの衰えもなく、絶妙のハーモニーを奏でてくれました。約2時間、アンコールは4曲にも及びました。ほとんどが耳にたこができるほど聴いたなつかしい曲ばかりで、高校から大学時代の記憶も蘇らせてくれました。

 S&Gは久しく忘れていた感動を与えてくれました。この後、シカゴ、ドゥービーブラザース、ライクーダも来日するということです。今から予約を考えていますが、ドームはもう……。やはり、コンサートは厚生年金か武道館ですよね。

 

 
 

 

| | コメント (3)


2009年7月10日 (金)

一泊人間ドック

2009070922310000 9日から1泊人間ドックで、先ほど検診を終えて出社しました。

 ワタクシの場合、1泊のドックはある意味、楽しみでもあります。なぜならだれにも邪魔をされず、一人きりでホテル泊できる機会などそうあるものではないからです。この気持ち、普段喧噪にまみれている方ならお分かりですね。

 ちなみにこの写真は、寝酒に訪れたホテルのスカイラウンジで撮ったものです。もちろん、その前は地元の友人たちと飲んでおりますが、ドックの関係で9時でおしまいなのです。

 ひととおり、検査が終わると専門医による検診があります。尿酸値は薬のおかげで下がりましたが、中性脂肪が400を軽くオーバー。

「最近、何か脂っぽいものを食べてますか」
「……ラーメンですかね……」
 そう言えば、最近ラーメンと言えば「二郎系」ばかり。前日、会社近くの「麺徳}に行ったのがまずかったか……。

 

| | コメント (4)


2009年7月 7日 (火)

釣り好きキャバクラ嬢

 昨日は久しぶりに高校時代の悪友と飲みました。1軒目は居酒屋、仲御徒町にある「やっちゃ場(http://gourmet.yahoo.co.jp/0000755216/)」というなんの変哲もない居酒屋ですが、ここの料理はめちゃ旨。大根の煮付けなんて頼むとあまりの量にびっくりしてしまうはず。お近くに人はぜひどうぞ。

 1軒目が終わって、「次はどこへ行こうか」という話になり、たまには小指系でもということで、銀座へひとっ走り。着いた先は姉ちゃんいっぱいのキャバクラでした。

 ワタクシに付いた女の子がなんと大の釣り好き。常宿は金谷港のK丸と小湊のS丸とのこと。仕事が終わってクルクル巻き髪のまま船に乗るそうだから、見たことのある人もいるかも。

 釣りの話が尽きなかったこともあり、いつしかご指名となったのは想像いただけるでしょう。時間もどんどん延長となり、帰宅はついに午前様。うまくやられましたかね。

 本誌で募集している「女性読者モデル」企画に応募して、と言っておいたので近々登場するかも。さっそく今日、彼女からメールがきましたよ。

| | コメント (6)


2009年7月 6日 (月)

湾フグ大会

2009070506400000 昨日は久しぶりの釣り、チームアルカディア主催「もりとよカップ東京湾フグ大会」に出場してきました。

 場所は浦安の吉野屋、参加者33人で2隻に分かれての出船です。ワタクシはA船の右舷トモ2番目、左ミヨシには宮本英彦さんも座っています。

 大会は3尾のフグの重量勝負。少しは自信のあった釣りでしたが、午前中はノーヒット。午後になってから3尾連続でリミットメイク、良型のアカメも1尾ゲット。フグの型は今一つだったのでアカメ賞に期待をかけます。

 ところが、フグの部は船中6位、アカメ賞も9グラム差で獲得できず。結局、抽選も外れて「なんにもなし」で終わりました。ホント、大会はついてないです。この日は全体的にフグの食いは悪く、トップ7尾。リミットメイクできなかった方もかなりいたようです。

 救いは竿を折らなかったことかな。

| | コメント (3)


2009年7月 1日 (水)

初物

 ここ数日、釣りには行っていません。まったりと会社で仕事をしています。

 暇な時間に色んな方のブログを見ていたら、ご隠居さん(http://ameblo.jp/norinoriirepaku/)の内容に目がとまりました。なんと芦ノ湖でワカサギを釣りまくっているとのこと。

「今度、海の魚と交換しませんか」とコメントしたら、すぐに会社まで届けていただきました。ワタクシは淡水の魚はあまり好きではないのですが、ワカサギとアユは別格。大好物なのです。

 いただいたワカサギは空揚げに。やはり初物は味ももちろん最高ですが、季節を感じさせてくれます。今度、連れてってもらおっと。

20090701141600002009070114170000 今日(1日)は休みを取って、田舎にお袋の様子を見に行ってきました。ついでに地元の友人にアユをねだってあります。

 家のすぐ下は荒川の源流、トモ釣り専用区なのです。トモ釣りファンにはうらやましく思えますが、ワタクシはほとんでやったことがありません。もし、一度でも手を出したら、きっとハマってしまうと思うからです。

 トモ釣りもある面、麻薬的要素があるのを分かっているからです。現にワタクシの友人たちもどっぷりトモ釣りにハマり、中にはオトリ屋まで始めてしまった者もいるのです。仕事をほったらかして、一日中川に入っている人も何人もいます。

 ということで、アユはもらって食べるものとしています。マルイカやイサキと物々交換で、今日も初物を何尾かもらいました。今日は水温が13度しかなく、追いが悪かったとのことです。

 それでも、初物。スイカの香りいっぱいのアユは塩焼きで、あっという間に3尾をペロリでした。

| | コメント (0)


« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »