本文へジャンプします。




2009年8月

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

グルメな休日

20090829110000001 ちょっと二日酔い気味の土曜日の朝、異常な空腹を覚えたので久しぶりにラーメン二郎に行ってみることにしました。

 自宅近くには亀戸店、環七一之江店、小岩店と3軒の二郎がありますが、味ではやはり小岩店です。

 10時半の開店前に着くとすでに7人ほどの行列。予定より10分ほど早く開けてくれたので、並びは20分ほどですみました。

 注文したのは小ラーメンの脂少なめ、トッピングは野菜、ニンニクです。新たに魚粉が入れ放題になっていました(写真右)。小岩店はスープがやや辛め、それがまたワタクシの舌にあっています。起き抜けの胃には苦しいかなと思いましたが、簡単に完食できました。うまかった!

2009083019550000 日曜日は釣りに行こうと思いましたが、台風に雨予報、すぐに断念。そこで母親の様子を見に、田舎に帰ることにしました。

 地元友釣り師との物々交換は先日新潟で釣ったマダラ。受け取った荒川のアユはすでに25センチくらいまでに育っていました。

 背の部分は脂たっぷり、腹には苦くておいしい内臓。これも2尾をペロリ。とってもおいしゅうございました。

 いずれも痛風持ちには「毒」に近い食べ物。しばらくの節制を余儀なくされたのでした。

| | コメント (2)


2009年8月28日 (金)

あわただしい一日

 26日のマダラ釣りはなんとか成功しました。わずか2本の釣果でしたが、6.5キロという良型を釣ることができたので、個人的には大満足です。

 新潟から自宅に戻ったのが夜の8時過ぎ、一杯やってバタンキューでした。翌日はなんと5日ぶりの出社。朝から大忙しで仕事をかたづけ、午後2時から6月に亡くなった友人の新盆行事に出席。夕方から久しぶりに会う友人たちと故人をしのんで杯を傾け、終わったのが午後11時でした。

 ということで、今日は一日会社で原稿書きです。夕方までに終わらせて、夜はまた業界関係者と打ち合わせを兼ねた宴席の予定。

 明日はたぶん二日酔いでゴロゴロしていますが、日曜日の予定がありません。個人的にはDKOの練習を兼ねてどこぞのカワハギ乗合でも乗ってこようかと思っていますが、だれか一緒に釣り行きません?

 

| | コメント (2)


2009年8月25日 (火)

プリウスで新潟

プリウスで新潟
 新潟に来ています。今、爆発に売れているプリウスを釣り人目線で試乗する記事を書くためです。


 さすがに燃費のよさにはびっくりですが、すべてがいいことづくめではありません。詳しくは次々号のつり情報で紹介します。


 明日はマダラ釣りです。釣るぞ〜。

| | コメント (3)


2009年8月24日 (月)

カワハギのち通夜

 今日は腰越のI丸さんからカワハギに行ってまいりました。船宿でも今期初出船ということもあり、あまり期待していませんでしたが、食いはそこそこ。中盤から潮が止まってしまいましたが、朝の食いっぷりだったら相当数釣れていたと思います。

 注目すべきはほとんどが宙層で釣れたこと。ワタクシも釣果のほとんどが底から0.5〜1.5メートルの間、同行者は3メートル上でも釣れたと言っていました。

2009082417500000 家に帰ってすぐに喪服に着替え。浦安吉野屋の吉野眞太郎店主の母、キヨ様の通夜出席のためです。

 6時開始。今日乗船したI丸船長を始め、たくさんの船長、マスコミ、業界関係者が参列され、故人の冥福を祈りました。

 

| | コメント (1)


2009年8月23日 (日)

家族サービス

家族サービス
家族サービス家族サービス

 考えみると、今年の夏休みは何も家族サービスをしていませんでした。娘が海に行きたいと言うので出かけてみることにしました。

 選んだ所が三浦半島伊勢町のながつか丸さん。ここは仕立船と貸しボート、それに海の家もやっているのです。おまけに駐車場の隣が海の家という利便性もあります。

 行くのが早すぎたようです。まるで釣りと同じ時間に着いてしまったので、海水浴の人は誰もいません。

 子供たちも成長すると、ただ泳ぐだけではすぐに飽きてしまうようです。用意した釣り道具を見せてボート釣りを提案しましたが、すぐに却下されました。

 結局、昼前には帰ることにして横浜中華街で昼食。

 こうして我が家の夏休みは半日ほどで終わったのでした。

| | コメント (0)


2009年8月19日 (水)

親子釣り教室

2009081811030000 昨日はワタクシが所属する日本釣りジャーナリスト協議会が毎年行っている「親子体験釣り教室」のスタッフとして参加してきました。

 この催しも今年で10年目、今まで色んな分野での釣り教室をやってきましたが、ここ数年は船釣りのシロギスに落ち着いています。

 なぜなら浦安の吉野屋さんが店の定休日に8隻もの船を提供してくださるからです。企画、進行もほぼ変わらないのでスムーズに行えるというメリットもあるのです。

 今年も200人以上の親子での参加者。スタッフは30人以上もいますが、ワタクシの乗った船の講師役ははわずか3人。オマツリを解いたり、エサを付けてやったりと大忙しの船上でしたが、全員が型を見ることが出来てホッと一息です。

 閉会式から抽選会まで、すべての行事が終わってからは吉野屋さんのご厚意による屋形船での慰労会。昼間からちょっと飲み過ぎ、いい気分で自宅に着くことができました。

| | コメント (1)


2009年8月17日 (月)

アカムツ、ワラサの連チャン釣行

Th_dsc_0076 15〜16日とアカムツ、ワラサの連チャン釣行してきました。

 まず15日は波崎のF丸さんからアカムツ釣りです。この日は意外にウネリがあって、久しぶりに船酔いをしてしまいました。

 おまけにバッテリー故障から始まるタックルのトラブルが3回もあり、最後は竿を置くハメに。釣果には恵まれませんでしたが、その分取材の時間はたっぷりあり、常連さんや船長からたっぷりとお話をうかがうことができました。

Th_dsc_0006 翌日は久里浜港のM丸さんからワラサ釣りです。人気の釣り物、加えて日曜日で満員かと思ったら予想以上に空いてました。何せ、駐車場がスカスカなのです。お盆休みの最終日ということで皆さん、外出を控えたのでしょうか、どの船も空いてましたよ。

 前日の雪辱戦を期したつもりでしたが、釣果はほんのちょっぴり。まあ、それでも土産にはなりましたので満足できました。

 それより、坊主頭と顔がしっかり日焼けしてしまい、今でもヒリヒリ。あと2〜3日もしたらとても他人には見せられないような姿になりそうです。坊主頭の欠点を初めて認識しました。

| | コメント (1)


2009年8月13日 (木)

ただ今帰京

2009081211210000 ただ今田舎より帰ってきました。会社にちょっと寄って残っている仕事をかたづけている最中です。

 田舎では迎え火の準備。先祖代々の墓があるお寺さんでは、盆の入りの12日に「施書き」という行事が行われ、ワタクシは檀家の代表として初めて参加してきました。

 施書きとは、まず寺の本堂に檀家一同が集まり、約20人近い僧侶さんにお経をあげてもらいます。その後、写真にある4色の短冊、名前を書いてもらってあるもう一つの短冊、卒塔婆などを受け取って自宅の仏壇のまわりに飾り、迎え火をたくわけです。これらは送り火をたく16日まで保存し、その後寺に返却しなければなりません(この役目は弟が担当)。

 わずか1時間ほどのセレモニーでしたが、初めて参加する身としてはとても長く感じられました。皆さんの家も、こんな風習があるのでしょうか。

2009081220060000 田舎では連日連夜、地元の友人と飲み明かしていました。自宅の下を流れるアユも、かなり大きくなって食べ応えも十分です。

 家の庭にはミョウガが豊作。ヤブ蚊に刺されながら食べきれないほど収穫してきました。

 さて、明日から日常の生活が始まります。15日アカムツ、16日ワラサと取材も立て込んでいます。今日くらいはおとなしくしていないと。

| | コメント (5)


2009年8月10日 (月)

明日は大シケにつき

 明日はワラサの取材の予定でしたが、これじゃ無理。会社へ行ってもさほど用はないので、予定より一日早く帰省することにしました。

 お盆につき、迎え火をたく用もあるし、今回は久しぶりに地元の友人と会う約束もあるので、なかなか忙しい帰省になりそうです。

 ということで、しばらく船釣りはお休みです。皆さんのブログやミクシイで釣りに行った気分を味わうつもりです。次回の釣行は15日、茨城の海でアカムツクーラー満タンにして帰ってくるでしょう(なわけないか)。

| | コメント (2)


2009年8月10日 (月)

東京湾花火とLTアジ

Th_p1020032Th_p1020063Th_p1020065Th_p1020066Th_p1020084 8月8日は東京湾大花火、本誌でもおなじみの林良一さんと入舟の豊嶋船長のはからいで、初めての船上見物を体験できました。

 これまでも他の花火大会は何度か屋形船から見たことはありますが、東京湾大花火はさすが迫力が違いました。

 船を止めたのは花火を打ち上げる台船のすぐ近く、さすが豊嶋船長は風を読み、立入禁止のギリギリでイカリを入れるすばらしい操船技術を見せてくれました。

 これほど至近で花火を見たのは初めて、わずか1時間半あまりの花火でしたが、終わってみれば首が痛くなるほど。頭上に広がる真夏のショーにただただ感激するばかりでした。

 ちなみに最初の写真はタチウオ船団ではありません。花火の開始を待つ釣り船や屋形船の船団です。この日はお台場前に100隻近い船が集まり、花火見物を楽しんでいました。

Th_p1020090 翌日(9日)は久しぶりに釣りに行きたいという息子と一緒に、金沢漁港の蒲谷丸からLTアジに行ってきました。

 息子と釣りに行くのも約3〜4年ぶり。高校2年となっては親父と一緒に釣りに行くこと自体、恥ずかしいことなのかもしれません。ある意味、うれしいことではありました。

 前日が花火だったので、あえて午後釣りに決定。寝起きの悪い息子にはかえって好都合だったようです。

Th_p1020091 この日は潮具合も味方しました。午前釣りはまったくの不調のようでしたが、午後は一転。中盤からは入れ食い、型もよくほとんどが20〜28センチの食べごろサイズでした。

 息子も初めてのコマセ釣り、初めてのアジ釣りにそこそこ、満足していたようです。それにしても常時、i-ポッドか携帯を使いこなしながらコマセ釣りをする姿、今時の高校生なら普通なんですかね?


 










| | コメント (4)


2009年8月 5日 (水)

フォーク酒場

2009080420590000 昨日、久しぶりに神田にあるフォーク酒場、昭和(http://www.showa.info/)に行ってきました。

 例によって、いい歳をした親父どもがギターを持って楽しそうに歌っています。実はこれまで、ワタクシも何度か足を運んだことはありますが、一度もステージには上がったことはありませんでした。

 ところが今回、認識を改めました。なぜなら、昨日だけかもしれませんが、皆さん歌にしろ、ギターにしろあまり上手ではなかったからです。

 これまでは店に入るたびに皆さんあまりにも上手すぎて、ワタクシなどステージに上がるレベルではなかったと思っていたからです。マスターに聞いてみると、上手な人もいるけど、いつもこんなものですよ、とのこと。

「これならオレたちにも」と初めて釣れていった友人。
「そうだな、一曲歌ってみるか」とワタクシ。
 1時間ほどしてようやくワタクシたちの順番……、ところが次に行くはずの小指系の店から「早く来て〜」の催促の電話。
 で、今回は「都合があるので」と出演を固辞し、銀座に向けてタクシーに乗り込む2人でした。

 

 

 

| | コメント (0)


2009年8月 3日 (月)

弔い釣行

 昨日は息子とアジ釣りの予定でしたが、「やっぱり、やめた」という息子の気まぐれで単独釣行のはずでした。ところが前日の夜、勝山の萬栄丸さんから訃報が届きました。

 同宿で古くから船長を務めていた黒川幸助船長が亡くなられたというのです。病名はガン、72歳でした。

 釣り客には「幸助さん」と呼ばれ親しまれていた黒川船長は、萬栄丸の黎明期から主にアジ、クロダイ、コチ、カサゴなどを得意とし、見留光男大船長のナンバー2として活躍してきました。

 現在、同宿の代表でもある松井大船長も師として仰ぐ存在だったと聞いています。ワタクシも約20年くらいの付き合い、船にもずいぶん乗ったし、よく一緒に酒を酌み交わしたりもした間柄でした。

2009080205150000 月曜通夜、火曜葬儀とのことですが、折からのお盆進行で行けません。そこで昨日、急きょ香典を持って駆けつけることにしました。ついでにカワハギ乗合に乗ってきました。

 突然の釣行で、満足に準備も整いませんでした。そこで今日は練習も兼ねて宙釣りオンリーで釣ってみることにしました。

 11時までに放流を含めて11枚、そのころから土砂降りとなったのでリタイア。トップ20枚ですからまずまずでした。

| | コメント (4)


2009年8月 1日 (土)

ボウズ再び

Th_cimg0766 暑いですね。そろそろ髪の毛がうざったくなってきたし、プロペシアの効果もそろそろ薄れてきたので、思い切ってボウズにすることにしました。

 約1年ぶりでしょうか。初めの写真は散髪の途中経過です。こうしてみると、電撃ネットワークの誰かさんみたいですね。

 スキンヘッドも考えましたが、カミさんの反対もあって1ミリとしました。

Th_cimg0770 ほんの数分でボウズの出来上がり。よく見ると、髪の毛の部分がやけに青白くなっています。そうです、そこだけ日に焼けていないからです。

 ということで、明日は近場に釣りに行ってくることにしました。帽子なしで頭を焼くためです(言い訳ですけど)。



Th_cimg0772 ついでにわが社の広告部Sもボウズに付き合わせました。彼は高校以来、数十年ぶりだそうです。終わったらあまりの気持ちよさに感激していました。

 皆さんもいかがでしか。釣りのボウズは嫌ですけど、坊主頭はいいですよ。

| | コメント (6)


« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »