本文へジャンプします。




2009年10月

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

スミイカ、ハナダイ2連チャン

Th_dsc_0135 お知らせしたとおり、水曜〜木曜と2連チャン釣行してきました。

 初日は金沢八景からスミイカ。ところがこの日は思ったほど乗りが悪く、苦戦の一日。乗船した野毛屋だけでなく、無線から入ってくる情報はボヤキばかり。終日こんな調子で、今期最悪の日となってしまいました。

 近いうちに再挑戦するつもりですが、果たしてそんな余裕があるかないか……。

Th_dsc_0019 翌日は片貝からコマセシャクリのハナダイです。シケ前は良型がたくさん釣れていたのですが、この日は数は釣れるものの型が今一つ。

 ワタクシは連日の釣行で終日シャクる元気がなく、小アジを泳がせての端物釣り。これも途中から竿を出した方が2本も釣ったのに対し、こちらはアタリもなし。それでもナギの外房は久しぶり、とてもいい気分で釣りを終えました。

| | コメント (0)


2009年10月27日 (火)

台風去って2連チャン

 台風一過のよい天気です。都心はちょっと吹いているようですが「東京湾内はベタナギだよ」と、ある船長から連絡がありました。

 シケで飛んだ釣行を含めて明日から2連チャンです。28日=金沢八景・野毛屋のスミイカ、29日=片貝・第三清勝丸のハナダイ五目となります。お暇な方、ぜひぜひお越しくださいませ。「ブログ見た」でステッカー差し上げます。

| | コメント (2)


2009年10月26日 (月)

シケ騒動

 昨日は天気予報に泣かされました。当初、26日は片貝のハナダイへ釣行する予定でした。昼過ぎに出船中止が決まり、やむなく東京湾ライトアジに変更となりました。その時点で26日は午後から雨の予報でした。

 その後、予報はどんどん変わり26日は終日雨マークに。今さら変更するわけにもいかず、当日の朝を迎えました。朝5時、そろそろ家を出ようかという時に船長より出船中止の連絡。すぐに同行の方に連絡を入れると、もう自宅を出て港へ向かっているとのこと、その方には多大な迷惑をかけてしまいました。

 予報には泣かされます。この後の台風、いったいどうなるんでしょうね。

| | コメント (0)


2009年10月23日 (金)

Th_dsc_0134 やりました。サンスポチャレンジフィッシング、外房大原港長福丸でフグをターゲットにターム方式で行われている大会で、3尾で1050グラムを釣ったワタクシが本日「1位となった」と船長より連絡がありました。

 決勝大会は11月8日、相模湾を舞台になんとカワハギで行われるそうです。カワハギと聞いて、一瞬ガクッときましたが、勝敗は2枚の重量とのこと。これなら運次第でどうにかなりそうです。

 もし、3位までに入ったらマレーシア旅行にご招待だそうです。編集部ではKがシロギス大会で2位に入り、すでに決勝進出を決めています。なかよくマレーシアに行けるようがんばるぞ〜。
 

| | コメント (5)


2009年10月21日 (水)

外房のカワハギ

Th_dsc_0007 昨日は凝りもせずカワハギつりに行ってきました。場所は外房、勝浦川津港からの出船です。

 ワタクシにとって外房でカワハギ専門は初めての経験です。6時半に港を出ましたが、沖は南西風が12メートルも吹き荒れるシケ状態。とてもカワハギ陽気とは言えません。

 初めの釣り場、灯台沖では25〜30メートルを狙いましたが、それらしきアタリはまったくなし。仲乗りの船長はカットウ釣りでフグを掛けています。どちらかと言えばワタクシもフグ釣りのほうが……。

 船は徐々に南下して海中公園沖も狙いますが、カワハギの気配すらありません。そこで船長は大きく移動を告げ、なんと鴨川沖まで走ってくれました。ここは風はあっても海は平ら、釣りやすそうです。

 1投目で船中初の外房カワハギ、続いて2投目で写真にある良型2枚掛け。ポンポンポンと5枚を釣った後は、なんとここでも迷宮の扉。1時間近くアタリなし。同船者たちは着実に釣っています。実質の釣り時間が2時間もなかったので6枚釣ってなんとか竿頭。またまた課題を残す釣りとなりました。

 外房のカワハギはいずれも良型ぞろい。勝浦沖にももっと釣り場はあると思えますが、あの風では探しきれないでしょう。これからの普及は船長たちのやる気いかんだと思います。

20091020134500002009102013550000 午前中で釣りを終えたので、予定どおり勝浦式担々麺を食べに行きました。当地で有名なのは「原田商店」ですが、店まで行ったら臨時休業。やむなく近くの「松野屋(http://www.walkerplus.com/chiba/gourmet/DETAIL/V-CHIBA-4RTAZ245/)へ行ってみました。

 写真は担々麺(650円)に白ネギ(150円)追加。勝浦式とはスープと麺の上にタマネギ、挽肉、ラー油などで作ったアンをかけるだけ。タマネギの甘みが妙にマッチしてとっても美味でした。勝浦方面に行った方は一度食してみることをおすすめします。ホント、うまいです。

| | コメント (6)


2009年10月19日 (月)

釣り過ぎ注意

 久しぶりの会社です。よく考えてみると先週は、月曜・館山、火曜・大原、木曜・久比里、土曜・金谷、日曜・長浦と週に5日も釣りでした。そのうち2回が大会、と言ってもどんな釣りでも釣りは釣り、船に乗って竿を出す行為には変わりありません。

 やはりハードだったようです。まるでD社、カワハギ最前線のbunさん並みのスケジュールです。会社でPCを動かしても右肩が満足に動きません。

 もう少し歳を考えたほうがいいと自省しております。時間があったら今晩はマッサージに行くつもりです。なぜなら明日も懲りずにカワハギ釣り、余計なスケジュールを組んだことに今さらながら反省しております。明日はゆるハギとするつもりですが……。

| | コメント (2)


2009年10月18日 (日)

またまた惨敗

2009101706500000 17日は懲りもせずまたまたカワハギ釣り大会に参加してきました。日刊スポーツフィッシングサーキット内房カワハギ釣り大会です。

 金谷、保田、勝山、富浦の釣り船、16隻が参加して、各船のトップから順位をつける横取り方式。ワタクシは岡沢釣具店の1号船に振り分けられました。

 ところが乗船者10名の顔ぶれは上にある写真のとおり、カワハギ釣りの手練ればかり。メンバー表を見てすぐに諦めてしまいました。

 出だしは快調で一時は単独トップに立ちましたが、後半はメロメロ。釣果は17枚でしたが、堀江さんの33枚には足下にもにも及ばない成績でした。それにしても堀江さんは2年連続優勝、たいしたものです。端で見ていてもほれぼれする釣りでした。

 表彰式が終わって、その夜は青堀のビジネスホテル泊まり。仲のいい大会メンバーや富津港の船長たちと楽しい飲み会です。例によって釣りの話で大いに盛り上がりましたが、翌日のことを考えて10時半にはお開きとしました。

2009101810440000 翌日は予定どおり、長浦港のこなや丸からイイダコの午前釣りです。多少の疲労と二日酔いと寝不足もありましたが、個人的にも大好きな釣り、やる気だけは満々で港に向かいました。

 イイダコは期待どおり、よく釣れてくれました。昨日大会からずっと一緒の小口さんはイイダコ釣りの名手。得意のスッテ仕掛けで86杯、並みいるベテランを抑え、見事竿頭。さすがです。

 ワタクシもなんとか68杯を釣ってお土産には十分の釣果を得ることができました。

 イイダコの釣はまだまだ続きますが、今後のスケジュールから見て、プライベートでの釣行は今回がたぶん最後となるでしょう。今シーズンはわずか2回の釣行でしたが、いずれも好釣果に恵まれ、大いに食卓をにぎわせてくれました。イイダコ君には本当に感謝、感謝の気持ちで一杯です。

| | コメント (2)


2009年10月16日 (金)

DKO惨敗でした

Th_p1020184 昨日はダイワカワハギオープン(DKO)の予選で久比里の山天丸へ行ってきました。

 参加者は約140名、知り合いの方もたくさんいます。5隻の船に分乗し、大塚さんのあいさつの後に出船となりました。

 ワタクシはE船のミヨシ2番、それほど悪い席ではありません。開始早々1枚目を上げてホッと一息。しかし後がいけません。誘えど誘えどアタリなし。いや、エサ取りのアタリに交じって本命もいたのかもしれません。

 しかし、今のワタクシには貴重なアタリらしきを掛けるテクニックはありません。結局、海面バラシ、巻き上げバラシなどを繰り返し、釣果はたった4枚。トップは11枚で2番手7枚が2人という、きわめて渋い一日でしたが、負けは負けです。

 でも、昨年と違ってあまり悔しさがこみ上げてきません。なんでかなあ〜。この心情などはつり情報の連載で綴ってみたいと思います。

 明日は内房の日刊スポーツのカワハギ大会、たぶんこれもダメでしょう。当日は集まった知り合いと親交を深め(単に飲むだけ)、そのまま泊まって翌日はイイダコ釣りに行くつもりです(たぶん二日酔いですけど)。

| | コメント (4)


2009年10月14日 (水)

皮剥、河豚の連続釣行

Th_dsc_0035 行ってきました、カワハギ&フグの2連チャン釣行。まず初日は館山くろしお丸からのカワハギ釣り取材です。

 当初はダイワオープンも近いので、プラを兼ねて終日竿を出したかったのですが、ご覧のような満船状態。2、3時間だけ釣らせていただき、9枚の釣果でした。

 さすが湾内、ベタナギ好天のカワハギ日和。船長も久しぶりという、トップ30枚以上の釣れっぷりでした。こんな日にビールでも飲みながらのんびり釣れたら最高の一日だったと思います。今度はプライベートで。

Th_dsc_0132 翌日も取材。今度は大原長福丸からのフグです。前日とうって変わって、乗船者はわずかに6人。前日がトップ12尾という貧果だったせいでしょう。

 ところが釣りとは分からないもの。この日は釣り始めから順調、何より型がいいのです。20センチ級が標準、30センチ級も何尾か交じりました。

 ワタクシも撮影の合間に竿を出し、ご覧のような良型含みで27尾。トップは40尾を超える好釣果でした。

 気持ちよく釣っていると、僚船の鈴栄丸が近づいてきます。ギャフを取りだして見せたのは大型のトラフグ、なんと4.8キロあったそうで、わざわざ見せびらかしに来たのです。

 大原では時折大型のトラフグが上がります。鈴栄丸では確か9キロを釣った人もいたはずです。釣った人は宝くじに当たったようなもの。くじ運のないワタクシには一生縁がないでしょう。

 さあ、明日はダイワカワハギオープンです。まったく自信はありませんので、オリンピック精神での参加としておきます。

 今回の作戦 コードナンバーへの1 初心回帰 
 敗戦時の言い訳 「風邪引いちゃって、力でなかったよ」(ホントなんですけどね)

| | コメント (3)


2009年10月10日 (土)

無事終了

 8日の水産庁主催の意見交換会は無事に終わりました。台風の影響でどうなるかと思いましたが、委員の皆様はだれ一人欠席なしでした。

 集まられた委員の方は、博士号を持っておられる東大の名誉教授、立教大の准教授や、水産関係の方、全漁連、NPO法人、栽培漁業関係の代表者、そして水産庁の方などで、なぜかワタクシだけ浮いているような気がしましたが、一応遊漁者の代表としての意見だけは申しておきました。

 午後1時半から始まって5時まで。緊張しっぱなし、長いようで短い3時間半でした。年内にあと2回、無事に務まるやら……。

 さて、週末は3連休。ワタクシは前半は家でのんびりを決めております。なぜなら12日カワハギ、13日フグ、15日カワハギ、17日カワハギと週4回のハードスケジュールが控えているからです。

 うち2回はダイワのカワハギオープンと日刊スポーツのカワハギ大会、いずれもプライベート参戦です。今年はどうもスランプ気味なので、モチベーションが今一つ。選手というより、いつもの取材者気分で参加してきます。

| | コメント (0)


2009年10月 7日 (水)

マルキユー100周年

Th_p1020171 本日は「マルキユー創立100周年記念 記者懇親会」へお呼ばれされて、八丁堀のフィッシング会館へ行ってきました。

 いつも元気なマルキユーの社長のあいさつは、これまでの同社の歩み、海外展開への意欲などの話が中心でした。

 この後、来年に発売される新製品を紹介されましたが、注目は船釣り用のエサ。いずれ本誌でも取材するつもりなので詳細はお待ちいただきたいのですが、これは画期的な釣りエサです。

 明日は午後から水産庁主催の「栽培漁業基本方針検討委員会」に出席します。これは来年3月、「第6次栽培漁業基本方針」の法整備を公表にあたり、各方面の有識者の意見を聞く諮問委員会みたいなものです。

 こんな大仰な委員になぜワタクシが選ばれたのかは不思議ですが、たぶん遊漁者の立場にいる者が一人は欲しかったのでしょう。会議の内容もすべて理解していませんが、もし釣り人の不利益になるような意見が出れば、何があっても反論するつもりでいます。

 それより、この会の委員になるにあたり承諾書や同意書、果ては何十年かぶりに履歴書まで書かされました。役所の仕事って、どうしてこんなに面倒なのでしょうか。

 

| | コメント (3)


2009年10月 5日 (月)

夜ムツ爆釣

Th_p1020169 3日は友人の結婚式、二日酔いでへろへろの翌日、ウチでゆっくりしていたかったのですが、急遽勝山へ行く用ができてしまいました。

 せっかくならと萬栄丸に電話を入れたら、夜ムツに一人空きがあるとのこと。さっそく予約を入れて自宅を12時過ぎに出発したのでした。

 夜ムツはシケが大敵。台風前で心配でしたが、この日はベタナギの好天。4時に出船して洲ノ崎沖で釣り始めました。

 なぜ、この釣りを選んだかといえば、前回お話ししたとおり、ビーストマスター4000をデビューさせたかったからです。

 期待どおり、スピード、巻き上げ力も言うことなし。始めのうちは1投1尾の入れ食いでした。上の写真はまだ途中経過。合計25尾も釣ってしまい、クーラーギリギリの収納でした。次回は片貝のキンメを狙っていますが、いつになるやら。

| | コメント (0)


2009年10月 3日 (土)

解禁フグ

 1日は外房大原の解禁フグに行ってきました。この釣りはワタクシの大好きな釣りの一つ、毎年この日を楽しみにしています。かつては現在のカワハギ釣りみたいに、ハマりにハマリ、結構通ったものです。

 この日は取材ということであまり竿は出せませんでしたが、15尾ほどのキープサイズを釣り、そこそこ満足。ただ小型も多く同じくらいリリースしました。ところが翌日は各船ともいい釣りをしたみたいで、近いうち再挑戦をと考えています。

 ところが、どうも最近は行きたい釣りがありすぎて困っています。簡単に上げただけでも湾フグ、鹿島灘のフグ、イイダコ、カワハギ、一つテンヤマダイ、片貝のキンメなどなど。

 とくに片貝のキンメは◎。ほんの1週間前にパチンコで大勝ちした勢いでビーストマスター4000を買ってしまったからです。宝の持ち腐れになる前に早いところ行かなくては。

 

| | コメント (2)


« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »