本文へジャンプします。




2009年11月

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

カワハギ惨敗

Th_p1020213 昨日は元バスプロの宮本英彦さんに誘われて、NBC海釣りチャプタートーナメント、カワハギ大会に参加してきました。

 この大会はNBC(日本バスクラブ)公認、バスプロの方や宮本さんの友人の方たち24人が集まった正式なカワハギ釣り大会です。船宿はかみや、大型船1隻を借り切っての仕立出船です。

 少しはイイトコ見せようと思ってがんばりましたが、この日は(いつもだけど)絶不調。今期初めての竹岡沖、潮下の胴の間……なんという言い訳も通用しない、たった2枚のお粗末。

 勝敗は5枚の重量。トップは19枚、ワタクシはリミットメイクできずにブービー賞に終わりました。ホント、下手ですわ。

 明日はスミイカ取材で磯子の根岸丸です。好きな釣りだけど、自信喪失気味。お土産用に数杯あればいいわと、いつになく弱気のワタクシでした。

 

| | コメント (3)


2009年11月27日 (金)

取材成功

Th_dsc_0028 お伝えしたとおり、昨日はまたも一つテンヤマダイの取材でした。

 といっても、大原や勝浦といった知られている釣り場ではありません。専門に狙うのは初めての所です。試釣とあって地元船長も3人、ワタクシがお願いした三石忍さん、アキラのテンヤでおなじみの田口章さんなど助っ人5人を含めて半信半疑の出船でした。

 が、いざふたを開けてみて、予想外の釣れ具合に全員がびっくり。とある船長はワタクシが持参したニューロッドを一度も放さず、ずっと釣りっぱなし。おかげで他人の竿を借りて釣るハメになってしまいました。

 でもいいんです。これで一つテンヤが定着してくれれば。

 この模様は12月15日発売号の連載「実釣見聞録」にて報告します。といっても、その船長はHPで12月から乗合を始めると書いてしまっているし、船を見てもうどこの港かお分かりの方もいるでしょう。でも15日まではあまり口外しないでね。

| | コメント (0)


2009年11月25日 (水)

一つテンヤ初の良型

Th_dsc_0140 昨日は大原で午後釣り一つテンヤマダイの取材でした。

 ひととおり撮影が終わったところで、ワタクシも竿を出してみました。なんといっても持参した専用竿、2本の竿おろしでもあります。

 数枚の小型を釣った後、夕マヅメの4時ごろ、大きな引きを楽しみながら2キロ級をゲット。やっぱりこの釣りはおもしろいです、2本の専用竿もグッドでした。

 ですが釣っている最中、リールにトラブル。ちょっとでもケチが付くとあまり使いたくなくなるのが釣り道具。こうなると新しいリールが目が行きます。さっそく今日も釣具店で製品選び。上位機種が欲しいけど高いなあ。

 明日はこれまでやったことのない港で一つテンヤの試し釣り取材。ある意味不安ではありますが、新しい竿を出せるという楽しみもあります。さてどうなるか……。

| | コメント (0)


2009年11月23日 (月)

CDプレイヤー

CDプレイヤー 今ごろになってCDプレイヤーを買ってしまいました。といってもCD以外に、レコードプレイヤーも付いて、カセットプレイヤーも付いて、ラジオも聞けるという複合機です。

 なんといっても一番の特長は、アナログレコードをCDに落とせる機能が付いていることです。この種のプレイヤーは結構高かったのですが、日本直販という通信販売で売られていたのが29.800円という格安価格。つい購入してしまいました。

 これまで集めたレコードは数百枚。ステレオなどはとっくに処分していたので聞くこともできず、自宅では粗大ゴミ扱い、現在は実家の物置に置いてあります。昨日から急遽実家に帰る予定にしていたのは、この複合機を持ち帰って使いまくる目的もあったのです。

 何十年ぶりかにレコードを取り出し、ハリを落とす。本当に音が出るのか不安もありましたが、チクチクというハリが盤面をなぞる音のあとになつかしい「ジミークリフ」の音楽が流れてきます。

 この夜は地元友人としこたま飲んで帰ってきた後でしたが、ついつい3時ごろまでアナログレコードを楽しんでしまいました。

 ワタクシと世代の近い方は少なくとも何枚かのレコードをお持ちのはずです。処分してしまう前にもう一度息を吹き返してみてはいかがですか。

 明日は大原の初栄丸から午後釣りで一つテンヤマダイです。お暇な方がいましたらどうぞ。船はスカスカですよ。

| | コメント (1)


2009年11月22日 (日)

ついでにアオリ

ついでにアオリ
 昨日は鋸南町のカワハギ大会でした。前日が飲み会だったので、表彰式のみの取材とさせていただきました。

 現地に着いたのが早かったので、夜ムツの船長宅に寄り、表彰式の始まる前に昼食をごちそうになりました。ヒイラギ(地元ではギラと言います)の煮付け、最高でした。

 大会では知り合いの方にもたくさんお会いしました。渋い一日でしたが、皆さんそれなりに楽しんでいたようです。

 式が終わってそのまま帰る……わけはありません。予定どおり、14時半出船のアオリ乗合に乗船。

 ところがこの日は潮が澄んでしまったせいか、乗りは最高。6時過ぎまで釣って、船中4杯、もちろんワタクシはゼロ。素直にまっすぐ帰ればよかったと、反省しています。

| | コメント (3)


2009年11月20日 (金)

格安一つテンヤ竿

Th_p1020208Th_p1020211 格安の釣具で知られている「浅草釣具」で格安の一つテンヤ用の竿を売っているという情報が入り、すぐに出かけてみました。

 長さ2.5メートル、F社のオールSiCガイドが付いて9970円という嘘みたいな値段。

 持ってみると、そこそこ軽いし調子もグッド。某社の竿とそっくりです。どこかのメーカーのOEMでしょうが、それにしても安い!見にくいですが、左の写真は店内での竿曲げ写真です。

 これまで一つテンヤは経験こそありますが、マイロッドは一本も持っていませんでした。先日、ついにニットウの専用竿を1本購入したばかりですが、まだ一度も使っていません。

 思案投げ首……やっぱり買っちゃいました。もうこれが最後の1本に近く、次回の入荷は3月とのことでしたので。

 まだ釣行もしていないうちに2本も竿を買ってしまったのは初めて。これはどうしても行かなければ。とりあえず、24日にマダイ取材が入っているので撮影の合間に使用してみるつもりです。

 明日は鋸南町のカワハギ釣り大会です。参加するつもりでしたが、前日に飲み会が入ってしまったし、満船の情報も聞いたので表彰式だけの参加としました。参加の方がいましたら現地でお会いしましょう。


 

| | コメント (5)


2009年11月17日 (火)

2日目の茅ヶ崎

Th_dsc_0139 日曜日はわずか2時間で早揚がり。ほとんど写真も撮れなかったので、月曜日は再取材となりました。

 前日とはうって変わってベタナギ。相模湾の北風はいつも写真のとおりですが、南西風が吹くと一転して牙を剥きます。

 マダイの食いは今一つだったけど、なんとか取材にはなりました。ワタクシも終始竿を出していましたが、マダイ1枚にイナダ1本、すべて乗船者にプレゼントしてきました。

 それにしても茅ヶ崎に2日連続して釣行したのは初めて。よく考えてみればご近所にCSCナオミママが住んでいたのを忘れてました。呼び出して一杯やってくればよかったな。

| | コメント (1)


2009年11月15日 (日)

早揚がり

早揚がり
 今日は茅ヶ崎からマダイの取材でした。

 6時半に港を出た時はいいナギでしたが、そよそよと西風が吹いてきたと思ったらあっという間に白兎。

 ワタクシは一度仕掛けを下ろしただけで、8時半に撤収となりました。写真も満足に撮れなかったので、やむなく明日再取材です。

 偶然会ったスポニチのHさんもアオリの取材で来ていました。明日また会えるのかな?

| | コメント (2)


2009年11月13日 (金)

屋形船第2弾とシマノ2次予選

Th_909116 11日の屋形船2夜目は都漁連釣漁協議会の忘年会、浅草橋の三浦屋さんの大江戸丸からの出船です。港南にある都漁連ビルに立ち寄り、関係者の方たちを乗せてお台場へと向かいます。

 この日はどちらかと言えば漁連関係者、屋形船業者の多かったようですが、協議会には釣り船業者がかなりの割合を占めています。

 ワタクシは例によって葛西橋の晴◯屋、浅草橋の田◯屋さんの船長さんたちとしゃべくりまくっていました。

 スタートが早かったので7時にはお開き。もう1軒と思いましたが、翌日はシマノのセミファイナル。強烈な誘いを固辞して帰宅しました。しかしながらあまりに中途半端な時間なので、家で寝酒。これがよくなかったのかなあ。

 さて、大会当日。ここから詳しく当日の模様を書こうと思いましたが、編集部から「待った」がかかりました。1ページでいいから記事にせよと言うのです。やむなく結果だけ報告します。

 ワタクシは山天丸に乗船して9枚。もしかして、と思いましたが、やはり甘かったようです。結果は6位、あと1枚釣っていたら(5位まで決勝へ)行けたかもしれません。

 でも、手練れぞろいでこの成績。ワタクシのレベルからいって十分だと思います。不思議と悔しさはありませんでした。

| | コメント (0)


2009年11月11日 (水)

屋形船と意見交換会

Th_p1020202Th_p1020204 昨晩は東京湾遊漁船業協同組合主催の「江戸前カレイ釣り大会」の説明会&懇親会へ行ってきました。

 まず平和島の同組合事務所で来年2月に行われる大会の説明と協賛依頼があった後、船清の屋形船に乗って懇親会です。

 船長始め、メーカー、マスコミ関係者で楽しい酒宴の始まりです。例によって始めは大人しく飲んでいた船長たちも1時間もすれば酒乱に豹変(一部ですけど)。

 約2時間半の酒宴を終え、2次会は品川駅近くの居酒屋。ライバル誌つり◯の編集長さんたちとも初めて杯を交わし、色んな業界話に花を咲かせました。

 これで終わり……、嫌々そんなはずはございません。帰り道が同じの某船長と
亀戸で降り、お決まりの小指系。いつしか日をまたぎ、帰宅は2時近くとなったのでした。

Th_p1020205Th_p1020206 多少の二日酔いを抑えて、本日は10時から水産庁主催「第2回栽培漁業に関する意見交換会」に出席してきました。

 前回同様、並みいるお偉いさんを前に、ワタクシは遊漁者の立場でしっかりと意見を述べてきました。

 写真は会議場の窓から見た風景です。農水省三番庁共用会議所というのが武道館の近くの一等地にあって、とてつもなく広い敷地にポツンと会議所が建っております。さすがお役所、この敷地の一部でも借りられればなあ、なんて下衆なことを考えながら会議に加わっておりました。

 帰り道、九段下まで歩いて思い出しました。ここには有名なラーメン屋「斑鳩」があることを。さっそく携帯で場所を確認し、行ってみると10名ほどの並び。

 約15分ほど並んで食べたのが、ただの「ラーメン」。魚介系のダシがきいてとても美味でした。本当は大盛りを食べたかったのだけど、今日は5時からまた屋形船なので、控えたのです。

 都漁連釣漁協議会(丸長・丸裕二会長)主催の今年の忘年会第1弾です。今日はさすがに1次会で帰るつもり。なぜなら明日はシマノカワハギグランプリの2次予選があるからです。

 さすがに二日酔いで行くのは失礼と思っていますが、どうせ勝てないならという不純な雰囲気も漂っています。さて、今宵はいかなることに……。

| | コメント (1)


2009年11月10日 (火)

大原ヒラメ

Th_dsc_0054 昨日は大原の利東丸さんからヒラメの取材でした。海も穏やかでヒラメの食いもまずまず、取材は大成功でした。

 今回はいつもおねがいしているカメラマンが都合で休みなので、この日は撮影に徹しました。途中、1時間ほど竿を出しましたがアタリもなしですぐに納竿。皆さんの釣りをじっくり拝見させていただきました。

 帰港後、長福丸の船長より電話。この間のサンスポ、ターム優勝の賞品があるから取りに来て、とのことでした。

 行ってみると、商品とはなんと自転車。車の後部席を倒してなんとか持ち帰ることができました。組み立て式の自転車なので、まだ手を付けていません。MTBということは分かるのですが、かなり時間もかかりそうです。

 それにしても、サンスポさんの豪華賞品には驚きました。こうなったら来年も参加して2台目を狙うかな。

| | コメント (4)


2009年11月 8日 (日)

サンスポ大会決勝

Th_p1020197Th_p1020199 サンスポチャレンジフィッシング決勝大会に参加してきました。場所は相模湾茅ヶ崎港まごうの丸からカワハギ、2枚の重量で勝敗を決定。上位3名をマレーシアへ釣りの旅へご招待です。

 集まったのは各地で行われたワンデー大会、ターム方式を勝ち抜いた26人です。とは言っても皆さん、熾烈な争いを勝ち抜いてきたにもかかわらず、カワハギは必ずしも得意な方ばかりではないようです。それぞれ勝ち上がってきた釣り物がアジ、マダイ、イシモチなど異なっているからです。

 現に貸し竿の方も何人かいたし、出船前にエサの付け方を熱心に聞いていた方がかなりいたことからもうかがえます。同行の編集部Kと二人、これはチャンスと思いましたが……。

 海はナギ、参加者は2隻に分かれて、7時半過ぎに出船です。ワタクシは偶然にもKと隣同士、1号船のトモから2番目です。

「小さいのは狙わないよ」と船長は初めから大型狙い。茅ヶ崎から平塚沖にかけての主に根の周りを狙っていきます。掛かってくるのは20センチ以上の良型ばかりですが、本当にポツンポツン。

 11時半の納竿までにワタクシは6枚。なんとこれが1号船の竿頭でしたが、検量の対象は23と24センチ2枚、これでは到底及びません。案の定、合計505グラムで残念ながら9位(マルキユー賞)に終わりました。

 トップは1号船の左舷の方で、なんとカワハギ釣り初めてという方。30.5センチを釣っていました。やはり、こうした釣りでは運が左右されるようです。

 ワタクシなりにもハリが折られたり、高切れの頻発などいくつかの課題を残した釣りでしたが、収穫も少しありました。

 来週にもう一度、シマノカワハギグランプリ2次予選があります。今日の教訓を生かして、と言いたいところですが、数勝負では難しいでしょう。相手も強すぎます。

 とりあえず、明日の大原のヒラメ釣りに全力を注ぎます。あ〜疲れた。

| | コメント (1)


2009年11月 4日 (水)

スミイカ リベンジ

Th_dsc_0011 先週のスミイカ釣行が今一つ満足できなかったので、3日はリベンジしてきました。

 ところが東京湾アクアライン付近は北の風17メートルの強風。木更津沖の釣り場に着くのに40分近く、白ウサギの飛び交う中での釣りとなりました。

 湾内でこれほどの強風下で釣りをするのは久しぶり。往路はキャビンで横になっていましたが、これも久しぶりにこみ上げるものが……。

 でも、午後からは凪いできてまずまずの釣り日和に。ワタクシもなんとか5杯の釣果を得て竿を納めました。詳細は次号をお楽しみに。

 さて、今週末はマレーシア行きをかけたサンスポチャレンジカップ決勝大会です。一度くらい練習をと思いましたが、やっぱりその時間はありませんでした。

 釣り物は相模湾茅ヶ崎出船のカワハギ、勝敗はなんと2枚の重量とのことです。カワハギで大型を選んで釣る方法をご存じの方、ぜひともお知らせください。もし、その釣法が当たって入賞したらマレーシア土産を進呈いたします(これ、ホントです)。

| | コメント (1)


2009年11月 2日 (月)

姪の結婚式

 1日は姪の結婚式でした。それに先立ち、30日は朝から埼玉県秩父市の実家へ老いたお袋を迎えに行ってきました。オン年80ウン歳の母は自分の初孫だというのに以前から「大変だから行きたくない」の連発。当日も着いた先から「今日は行かない」というのを、なんとか説き伏せて車に乗せ、またも東京へユーターン。 折からの高速渋滞で往復6時間の運転はさすがに疲れました。

 そして当日、お袋は嫌々ながらも出席。なんとかなだめながら式を終えました。姪は今年29歳、松戸の病院でレントゲン技師をやっております。久しぶりの祖母との再会に、感激をぬぐえないようでした。

 そんなこんなでこの週末は一度も釣りをしていません。本日は会社で原稿書き、続いて6時から取引会社の20周年記念のお祝いで品川から屋形船の宴会です。明日はもう一度スミイカに行くので、一応早揚がりを予定していますが……。

 

 

| | コメント (3)


« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »