本文へジャンプします。




« スミイカ リベンジ | トップページ | 大原ヒラメ »

2009年11月 8日 (日)

サンスポ大会決勝

Th_p1020197Th_p1020199 サンスポチャレンジフィッシング決勝大会に参加してきました。場所は相模湾茅ヶ崎港まごうの丸からカワハギ、2枚の重量で勝敗を決定。上位3名をマレーシアへ釣りの旅へご招待です。

 集まったのは各地で行われたワンデー大会、ターム方式を勝ち抜いた26人です。とは言っても皆さん、熾烈な争いを勝ち抜いてきたにもかかわらず、カワハギは必ずしも得意な方ばかりではないようです。それぞれ勝ち上がってきた釣り物がアジ、マダイ、イシモチなど異なっているからです。

 現に貸し竿の方も何人かいたし、出船前にエサの付け方を熱心に聞いていた方がかなりいたことからもうかがえます。同行の編集部Kと二人、これはチャンスと思いましたが……。

 海はナギ、参加者は2隻に分かれて、7時半過ぎに出船です。ワタクシは偶然にもKと隣同士、1号船のトモから2番目です。

「小さいのは狙わないよ」と船長は初めから大型狙い。茅ヶ崎から平塚沖にかけての主に根の周りを狙っていきます。掛かってくるのは20センチ以上の良型ばかりですが、本当にポツンポツン。

 11時半の納竿までにワタクシは6枚。なんとこれが1号船の竿頭でしたが、検量の対象は23と24センチ2枚、これでは到底及びません。案の定、合計505グラムで残念ながら9位(マルキユー賞)に終わりました。

 トップは1号船の左舷の方で、なんとカワハギ釣り初めてという方。30.5センチを釣っていました。やはり、こうした釣りでは運が左右されるようです。

 ワタクシなりにもハリが折られたり、高切れの頻発などいくつかの課題を残した釣りでしたが、収穫も少しありました。

 来週にもう一度、シマノカワハギグランプリ2次予選があります。今日の教訓を生かして、と言いたいところですが、数勝負では難しいでしょう。相手も強すぎます。

 とりあえず、明日の大原のヒラメ釣りに全力を注ぎます。あ〜疲れた。

| | コメント (1)

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事


コメント

決勝大会、ご苦労様でした。少し、期待していたのですが・・・happy01

投稿: 外房 長福丸 | 2009年11月 8日 (日) 21時15分

コメントを書く