本文へジャンプします。




2010年1月

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

東日本釣宿連合会、懇親会

Th_2010012818370000Th_2010012818470000_2
 お伝えしたように、昨日は東日本釣宿連合会の懇親会に出席してきました。場所は伊東のホテル暖香園です。集まったのはスポニチ所属の船宿関係者、スポニチの誌面担当者、後援メーカー、一部釣りマスコミ約200人です。

 一次会は大広間で大宴会、2次会は20人ほどで小宴会、3次会はラーメン屋というお決まりの流れで、部屋に戻ったのは12時過ぎ。外出を控えたせいか、いつもに比べるとだいぶ早い時間でした。

 宴会前に帰宅した船長が数人、メーカー関係者も半減と去年に比べるとちょっと寂しい感じ。それでも時間がたつにつれてテンションも上がっていきます。

 スポニチんの船宿さんは知り合いが多いので、話す相手には事欠きません。おもしろい話も色いろ聞かせていただきました。いずれブログや連載のネタにさせていただくつもりです。

| | コメント (0)


2010年1月27日 (水)

放映日のお知らせ

 一つテンヤ釣行も一段落、今週はゆる〜く会社で仕事してます。日曜日にカワハギの予定があるくらいで、それまではおとなしくしているつもりです。

 それには理由もあります。28〜29日にかけて伊豆の伊東で「東日本釣宿連合会」の総会、兼懇親会があり、出席するからです。この集まりは、主にスポーツニッポン新聞加盟の船宿さんが所属する団体で、毎年熱海や伊豆の旅館で大宴会を催すのです。相手は船長たち、それまでに体調を整えてから行かないと大変なのはお分かりでしょう。

 話はガラリと変わります。先日、勝山の利八丸でロケを行った「関東沖釣り爆釣会」の放映日が決まりました。2月11日(フィッシングショーの前日)夜10時からです。ご覧になれる方はよろしく(ちなみにワタクシはすでに飲み会の予定があって見られません)。

| | コメント (0)


2010年1月25日 (月)

一つテンヤ2連チャン

Th_dsc_0046 日曜、月曜と外房大原へ一つテンヤマダイ、2連チャンを敢行しました。

 まず、日曜はS丸さんへプライベート釣行。メンバーは写真にある3人、よ〜く見れば著名な方ばかり。とくに男性2人はかぶりものがお好きなようで、最近はこの格好で色んなブログにもよく登場しているのでご存じでしょう。

 当日は朝からベタナギ。おまけに潮が澄んで、水温が下がって、潮も動かずとなれば元気になるのはウマちゃんばかり。本船だけではなく、この日は各船とも最低の釣果のようでした。

 それでもこのメンバーです。マダイはあまり釣れませんでしたが、その分楽しい船上でした。

Th_dsc_0084 午前釣りで帰って、また翌日は大原です。今度はお仕事、一つテンヤの名手Mさんと富士丸からの出船です。どなたかお分かりですね。

 この日も潮が澄んで、動かずというコンデションでしたが、なんとかMさんが2キロ級のマダイを釣ってくれて取材は成功しました。

 水深は70メートルという超深場、富士丸船長のポイント選びに敬服です。

 この日は某メーカーの一つテンヤ新製品の先取り取材も兼ねていました。詳しい模様は2月15日発売号にて掲載します。お楽しみに。

 今年に入って一つテンヤだけで4回もの乗船。とはいっても何度乗っても飽きないのが一つテンヤ。しっかりハマってしまったようです。

| | コメント (3)


2010年1月22日 (金)

週末の予定

 昨日は久しぶりにダイワ、ではなくてグローブライド社に行ってきました。取材の打ち合わせ、タックルレンタル依頼のためです。担当者も変わらず、部署の位置も変わらずで、これなら社名変更しなくても、と思いました。

 ということで、またまた一つテンヤです。日曜日大原、月曜日も大原です。どうせなら泊まりがけとも思いましたが、日曜日に通し釣りすると、翌日が持ちそうもありません。日曜はプライベート、月曜は取材となっているからです。

 今度こそ大ダイをと思っていますが、果たしてどうなることか……。

 

| | コメント (6)


2010年1月21日 (木)

大ダイ浮上

Th_dsc_0104  昨日は大原へ午後釣り一つテンヤマダイの取材に行ってきました。でも、まさか船が出るとは思いませんでした。南西風が20メートル近くも吹いていたのですから。

「この日を外したら予備日もない」とのことで、無理をおして出船。釣り場の御宿沖には1時間近くかけて着きました。もちろん、周囲には一隻の船もいません。

「こんな日に釣りになるんかいな」と思いましたが、午後2時ごろ、一つテンヤ初めてのIさんに得体の知れない大物がヒット。

 ズルズルのドラグで20分ほどかけて上げたのはなんと6.5キロのマダイ。

 取材はこの1枚で大成功でした。でも初めての一つテンヤ、初めてのマダイ釣りのせいか、釣った本人はさほど嬉しそうには見えなかったけど、どうなのかな。

 写真は無造作にバケツに放り込まれた大ダイです。もちろん、その後カメラを放り投げて竿を出しましたが、何一つ掛かってくれませんでした。

 おまけに久しぶりの船酔い。しんどかった。日曜日にプライベートで再チャレです。

| | コメント (6)


2010年1月19日 (火)

CSロケ

Th_p1020255 本日は勝山港の利八丸より、釣りビジョン「関東沖釣り爆釣会」のロケ、ワタクシは先生役として出演しました。

 主役の「リーダー」こと磯部さちよさんは、この番組の2代目(初代は本多絵里子さん)。ワタクシは初代から数えて4回目の登場です。

 狙いは、一昨日爆釣したヤリイカ。同じようにいけば良かったのですが、今日は朝から無風快晴、そうです「ナギ倒れ」の予想どおりとなってしまいました。加えて潮が動いてくれません。

 それでも彼女はスルメ2杯を含めて2ケタ釣り、ワタクシも20杯くらい釣ってロケは成功しました。穏やかな海上でかわいらしい女性と楽しく釣りができたので、十分満足です。

 ただ、オンエアの日を聞くのを忘れてしまいました(聞いても我が家では見られないけど)。視聴できる環境の方がおりましたら、ぜひともご覧下さい。

 明日は大原で一つテンヤの取材。でも南西風が10メートル以上吹く予報が心配です。

| | コメント (3)


2010年1月18日 (月)

ヤリイカ爆釣

Th_2010011709000000 お伝えしたとおり、昨日は勝山港出船のヤリイカ乗合に乗ってきました。同港からイカ乗合に乗るのは数年振りです。

 まずは洲ノ崎沖でスルメ狙い。前日はスルメだけで30杯も釣った人がいたといいますが、当日は今一つ。でも1投目で大型スルメの4杯掛けで、電動リールが止まるのを久しぶりに経験しました。スルメはわずか6杯でしたが、9時になって白浜沖へ移動です。

 しかし、ここでもヤリイカの乗りは今一つ。船長は再び洲ノ崎沖へ戻り、200メートルダチでスタートします。

 入れ乗りです。1投目で5杯、続いて3杯、3杯、3杯と続き、まさに空振りなしの乗り。のんびり釣行を決めていたワタクシですが、ついつい夢中になってしまいました。

Th_2010011713170000 そのうち、白浜沖に走った船も戻ってきて船団となりましたが、乗りは衰えません。納竿までにヤリイカだけで52杯、トップは72杯も釣っていました。こんな時は型もいいもので、パラソル級も2割ほども交じってきました。

 いい日に来てしまいました。実は今回の釣行はプラだったのです。なんのプラと言えば、釣りビジョンの「関東沖釣り爆釣会」、ヤリイカ釣行の講師として出演するからです。久々のヤリイカで恥ずかしい所、見せられませんから。

 そのロケ、実は明日なんです。恥ずかしいから港、船宿は言いません。無事に終了したらオンエアの日、ロケ地などをお知らせします。

| | コメント (3)


2010年1月17日 (日)

これ、なんだ?

これ、なんだ?
 昨日は船長2人と内房岩井の居酒屋でプチ新年会。そこで頼んだのが、写真にあるとある魚の天ぷら。なんだか分かりますか?

 ヒントは夜の堤防釣りで釣れる嫌われ者。刺されると危ない毒魚。もうお分かりですね。

 初めて食べたけどなかなかの味でした。地元ならではのメニューでした。今日はヤリイカ、爆釣でした。詳しくは明日。

| | コメント (3)


2010年1月15日 (金)

のんびりアジ

Th_dsc_0006 13日に予定していた大原の一つテンヤマダイは荒天のために中止となりました。気合を入れて準備していただけに、とても残念でした。

 昨日は久しぶりに走水港から午前アジ取材。この冬一番の冷え込みにビビっての釣行でしたが、意外に沖はポカポカ。アジもそれなりに釣れたから、あったかだったんでしょうかね。

 持ち帰ってタタキにしてもらったら、すこぶる美味。こんなうまいのならもっと持ち帰ればよかったと後悔しています。

 土曜日はのんびりして、日曜日はプライベートで、これも久しぶりとなるヤリイカに行ってきます。何を今さらと思われますが、ちゃんと行かなきゃならない事情があるのです。詳しくはのちほど。

| | コメント (0)


2010年1月12日 (火)

2連チャン釣行

Th_p1020248 10日マダイ、11日オニカサゴと2連チャン釣行してきました。まず10日は大原、初栄丸からの午後釣り一つテンヤマダイです。

 前日の午後は2人の申し込みで出船が危ぶまれましたが、いざ港に行ってみると計9人の釣り客、さすが人気の釣り物です。というのも前日、大根で爆釣の情報が入ったからかもしれません。

 1時過ぎから釣り始めましたが、例によってウマヅラの猛攻。明るいうちは船中でも数えるほどしか釣れませんでした。4時半ごろからがゴールデンタイム。アタリはほとんどマダイです。

 でもどうしたことかワタクシには小型ばかり。周囲では1〜2キロがボコボコ上がっているのにです。結局5時過ぎまで釣って6枚。全部小型でした。

Th_img_4133 翌日は南十字星さんとオニカサゴ取材。とても寒い日でしたが、オニの食いはまずまず。ワタクシもご覧のとおりの中型を2尾釣ることができて、一応満足できました。この模様は2月1日発売号にて。

 

| | コメント (4)


2010年1月 9日 (土)

連休の釣り予定

 連休の釣りが決まりました。明日は大原の午後釣り、一つテンヤの武者修行へ一人で行ってきます。

 ところが、2軒電話して満船。3軒目に電話したH丸は大丈夫だったけど、他にお客さんが一人だけ、逆に出船の危機です。大型で快適な船。どなたか同行できる方いましたら、連絡ください。大ダイが待ってますよ。

 明後日は南十字星さんと三崎のS丸へオニカサゴ取材。こちらは人気船宿なんで早めに行って席の確保が必要みたいです。船宿によってずいぶん違うものです。

 これからプチ新年会。明日のため、深酒は慎むつもりですが……。

| | コメント (3)


2010年1月 8日 (金)

一段落

 1月15日発売号が今日で校了、ホッと一息というところです。合間にはプチ新年会も2回あって、朝から晩までヘロヘロ状態でした。

 明日からは3連休。土曜日にもプチ新年会があるので、釣りは日曜日の午後釣り、もしくは月曜日になりそうです。もちろん狙いは一つテンヤのマダイ。ここへきて水温が下がって苦戦しているようですが、始めから多くは望んでいません。この釣りは経験を重ねることが必要だと思っているからです。

 でも、連休中に次号の取材が入るかも知れませんので、釣行は決定的ではありません。詳しくは明日にでも報告します。

| | コメント (1)


2010年1月 5日 (火)

初釣り&仕事始め

Th_p1020244Th_p1020246 初釣りは納竿に続いてまたも金谷、今度はカワハギです。同行は忍ちゃんとその友人、本誌APCのSさん一行4人、総勢7人グループでの釣行でした。

 天気も上々、カワハギの食いも上々でまずまずの釣りでしたが、ワタクシにとっては今年の釣りに暗雲の漂う出来事がありました。

 というのも、乗船前に「勝負竿」の穂先を何かにぶつけてポキリ。予備竿での使用でしたが、それも釣っている最中に隣人とオマツリしてポキリ。なんと計2本の穂先を折ってしまったのであります。新年早々、不吉な予感を感じます。

 忍ちゃんに借りた竿でなんとか数をまとめ合計13枚で船を下りました。でもトップは30枚、別船では40枚近く釣った人もいるようで、とても威張れた成績ではありません。

 でも初釣り。船長や乗船者と楽しくおしゃべりしながらの「ゆるハギ」でしたので、釣りとしては満足できました。

 翌5日、世間並みにわが社も仕事始めです。社によって初日はは挨拶回りや顔合わせの一杯のみで終わる比較的暇なところも多いと聞きますが、わが社は正反対。15日発売号の締め切り直前で、初釣り取材をパスしたワタクシ以外は初日から大忙しのイライラ状態です。

 イライラの原因にはもう一つあります。ワタクシの独善で今年から社内禁煙としたからです。取り立ててめずらしいことではありません、時流というものです。遅すぎるという意見もあったくらいです。

 しかしながら、かなり空調を効かせているとはいえ、禁煙にしただけで社内の空気が一変。なぜか清々しく感じます。もともと社内環境というのはこれが普通だったんでしょうね。さ〜て、もう一仕事……。

| | コメント (3)


2010年1月 3日 (日)

謹賀新年

 皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 ブログの更新をしばらく怠ってしまいました。申し訳ありません。31〜1日まで、田舎に帰っていました。特段記すこともなく、ダラダラと飲んでいたり、旧友の家に遊びに行ったりする怠惰な正月でありました。

 兄弟3人が久しぶりに集まったこともあり、一人暮らしの母も思った以上にご機嫌でした。この一年も無事に過ごしてくれることを祈ってます。

 先ほど帰京。明日は初釣り、内房のカワハギに決めました。好きな釣りなのにちょっと浮気してましたからもう1カ月以上、行っていません。たぶん腕が落ちていると思いますが、のんびりゆる〜く楽しむ予定です。でも同行者がそれを許してくるかどうか。

| | コメント (4)


« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »