本文へジャンプします。




2010年3月

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

久しぶりの御前崎

 取材で御前崎へ行くことになりました。正確には牧ノ原市相良港からの出船です。自宅からでは200キロ以上あるので、前日入りすることになりました。

 3時に東京を出ますが、御殿場付近で降雪とのこと。渋滞は30キロ近くに及び、現地に着いたのは8時半でした。

Th_dsc_0021  翌日はまずまずの釣り日和。日曜日にフグ釣りへ行ったのもこの日のためです。

 しかしながら食いは今一つ。せっかくの練習も無駄になるお粗末な結果でした。

 御前崎沖で釣りをするのも久しぶり。周囲の風景も目新しく感じ、釣れなくても新鮮な気持ちで乗船することができました。

| | コメント (0)


2010年3月29日 (月)

さむフグ

 昨日はプライベートで富津港へフグ釣りへ行ってきました。ファンの方はご存じでしょうが、現在湾フグは今一つパッとしません。それなのになぜ? と言われればもちろん仕事のため。火曜日に御前崎へフグ釣りへ行くのですが、その前にあまり経験のない食わせ釣りを練習しておくためです。

 本当に寒い日でした。雨こそ降りませんでしたが、風は強いうえ気温も上がらず、まさに真冬の一日でした。ワタクシはすぐに手がかじかんで感覚がなくなるタイプ。満足にエサも付けられず、リールもしっかり握ることができません。暖房の効いたキャビンばかりいて、半分くらいしか竿を出しませんでした。

 結果は型を見た程度、当然です。乗船者の皆さんは手袋も着けず、片時も竿を休めず釣り続けていました。本当に脱帽です。

 釣りに行くのはいいけれど、その前に寒さに強くならないとどうしようもないですね。情けない釣行でした。

| | コメント (0)


2010年3月27日 (土)

永井裕策さんと釣る

Th_dsc_0014 昨日はシマノの仕事で剣崎松輪港からコマセダイの取材に行ってきました。この日は久しぶりのナギで、人でも多かったのですが、ほとんどの船がマルイカ。マダイ船は数えるほどでした。

 同行は、ご存じ永井裕策さん。フィッシングショー以来のご無沙汰で、一緒に釣りをするのは1年ぶりくらいです。

 ここのところマダイと言えば一つテンヤばかりでしたが、コマセ釣りもいいものです。どうしてもこの釣りだと、のんびりしてしまうものですが、さすが永井さんは違います。

Th_dsc_0064  ほとんどが手持ち竿、落とし込んだり誘い上げたたり、終始手を休めることなく釣る続ける姿はご立派。やはり名手は違います。

 水温が低いせいか、釣果は今一つでしたが、船上で永井さんと釣り談議、これはこれで収穫でした。

| | コメント (1)


2010年3月24日 (水)

2日連続一つテンヤ

Th_888915 京都から帰った翌日、以前から約束していた一つテンヤのプライベート釣行してきました。場所は大原港の利東丸、メンバーは南十字星さんの友人3人です。

 当初は午前釣りの予定でしたが、ウネリが残るだろうとの判断で午後釣りに変更。乗船者は私たち5人の仕立船状態でした。

 ナギで潮の流れも緩め、水深も25〜30メートルという絶好の条件。水温はやや低めでしたが、開始からマダイの食いは順調。ワタクシは1キロ級を頭に6枚、ハナダイ1枚という成績。他の方も同じような釣果で大満足の釣りでした。

Th_dsc_0029  翌日は勝浦に同じく一つテンヤの取材なので、そのまま大原泊まり。夜は皆さんご存じの一つテンヤの名手、鈴木新太郎さんと聞き取り取材を兼ねて大原駅近くの居酒屋で会食。

 3時に起きて川津港K丸に向かいます。すると、顔見知りの方が何人も。新潟上越港K丸船長一行4人、本誌ライターのF氏などなど。

 勝浦沖は現在深場を攻めていることもあって、大型の一発狙いの様相。アタリはすくなかったのですが、この日も一つテンヤらしい釣りとなりました。

 K丸船長が連れてきた長野の釣具店関係者の方が、もちろん初めての挑戦で、なんと6キロと5.6キロの2枚をゲット。こんな話はもうめずらしくないですが、ホント初挑戦の方はよく釣ります。

 ワタクシは写真を撮りながらを言い訳にして、完デコ。まあ、昨日の釣りでクーラーはいっぱいで1枚のマダイも入る余地なし。きちんと言い訳のできる釣りでした、ハイ。 

| | コメント (2)


2010年3月21日 (日)

一周忌で京都へ

Th_20100320153842 Th_20100320152722 20〜21日にかけて京都へ行ってきました。昨年、ガンで亡くなった友人の一周忌に参加するためです。

 法事は21日の11時からなので、前日に京都入りしました。

「せっかく京都まで行くのだから、観光名所でも回ってきたら」とカミさん。滅多にない一人旅、どこへ行こうかと考えましたが、ワタクシは神社仏閣にまったく興味ありません。そこで思いついたのが、おいしいラーメン屋へ行くこと。

 ありました、探しました。色いろ調べて行ったのが京都駅近くにある「新福菜館」。菜館という名前からして、大きな中華料理屋さんかな、と思いましたが、見てのとおりの出で立ち。加えて、京都といえば、薄味、透明スープという予想を大きく翻して写真のとおり。まるで富山ブラックか竹岡ラーメンです。

 太麺、九条ネギ、薄切りチャーシューのマッチングも素晴らしく、まさにワタクシ好み。これまでのベスト3に入る味でした。他の方が頼んでいたヤキメシ、これも真っ黒なチャーハンで同じくワタクシ好み。次回はお腹の調子を整えて2品完食を目指します。

Th_20100321084155  その日は宇治の平等院の近くの旅館に泊まり。朝食後、少し時間があったので平等院に寄ってみました。入館料600円はちょっと高いなあと思いましたが、国宝級の文化財がズラリ。維持管理も大変とこの料金も納得。

 どこかで見た風景と思ったら、10円玉の裏にのっているものでした。

 法事が終わって13時より食事会。故人をしのんで話が弾み、ちょっとばかり飲み過ぎました。たぶん酒好きだった友人がそう仕組んだのだと思います。

 

| | コメント (0)


2010年3月18日 (木)

シケに泣く

 マルイカの取材はなんとかうまくいきましたが、翌日出社して話を聞くと、他の取材もかなりボツになったようでした。それはそうです、ワタクシだけでも先週から日曜にかけて3回も取材が飛んだのですから。

 火曜日は大シケ、水曜が4月1日発売号のギリギリの取材日。ワタクシもかり出されそうでしたが、書くべき原稿がたっぷりたまっているので無理。なんとかライターさんにお願いして事なきを得たようです。

 釣り雑誌の編集、取材はまさに水もの。魚が釣れなかった、船が出なかったといっても、ページを白で出すわけにはいきません。ともあれ水曜日は天候もよく、無事に取材が成功してホッと胸をなで下ろしています。

 来週の月曜(22日)まで釣行の予定はありません。原稿が一段落した昨日、久しぶりに釣具店に顔を出したら「近々、探見丸ミニ入荷」の文字。悩んだ挙げ句、今日予約してしまいました。もちろん、カミさんには内緒です。入荷は4月中旬あたり、今から楽しみです。

 

| | コメント (3)


2010年3月16日 (火)

腰越マルイカ

Th_dsc_0044 昨日は腰越港よりマルイカでした。ここ数日の天気が嘘のようなベタナギ、晴れ時々曇り、気温20度近くという絶好の釣り日和でした。

 イカの乗りは今一つという感じでしたが、こんな日に釣りに行けたことで満足。いつもこうなら、船釣り人口は今の2〜3倍に増えるとも思いました。

 本船は7人の乗船者でしたが、他船は2〜3人、中には1人だけという船も2隻ありました。平日ということもあったのでしょうが、午後から南西の強風→早揚がりというパターンが予想され、遠慮したかたも多かったのでは? 気象庁の予報も大外れ。時間いっぱい楽しめました。

 

| | コメント (1)


2010年3月15日 (月)

のんびりメバル

のんびりメバル
 取材が飛んだ昨日、ご近所の釣り仲間と金沢漁港にメバル&イシモチのリレー乗合に行ってきました。

 ベタナギの海を予想しましたが、意に反して強い北東風、釣り場に着くまでずぶ濡れです。それでも徐々にナギてきて、昼過ぎには無風状態。のんびりと釣りを楽しむことができました。

 朝10時半まではメバル、それからイシモチというリレー釣り。どちらもまずまずの釣果自分分的には大満足。まったくのプライベートなので、船上で飲むビールは最高でした。

 日付変わって今日は、2度も流れたマルイカ取材で、腰越港に行ってきました。2日連続はやはり強行でした。睡魔に勝てそうもありませんので、詳しい模様はまた明日。ではお休みなさい(早っ)。

| | コメント (0)


2010年3月13日 (土)

2度の出船中止

 まったくひどい天気です。今日(土曜)のマルイカは南西の強風予報で早ばやと出船中止。明日こそ、と思っていたら水温低下(なんでも港内で10度しかない)で、やめたほうがいいだろう、ということになってしまいました。
 せっかくブログで参加者を募りましたが、無駄になってしまいました。申し訳ありません。また次の機会に、ということでお許し下さい。

 さて、明日暇になってしまいました。ブラリとどこかに行って来ようかな。

| | コメント (3)


2010年3月11日 (木)

一つテンヤ教室?

 一日に2回もブログを更新するのは初めて。というのも3月14日、日曜日の午後釣り、一つテンヤ取材に行くんですが、今のところお客さんがいません。だれかモデルになっていただく方、出たがりの方を急遽募集、というわけで同行していただく方を募ります。

 船は勝浦松部港の和八丸、大型船です。料金は1万500円(エサ付き)。出船は12時半なので11時半ごろ港に来ていただければ結構です。

 初めての方にはワタクシが懇切ていねいに教えます。ご希望の方は直接船宿に申し込んでいただくか(0470-73-3370)、もしくはワタクシの携帯、マイミクの方はメッセージにご連絡ください。

| | コメント (0)


2010年3月11日 (木)

漁連総会に出席

Th_p1020322 昨日は「都漁連内湾釣漁協議会」の第10回総会に出席してきました。この会は東京都の漁業協同組合に所属する釣り船や屋形船を営む組合員が組織する集まりです。現在は港南の丸長、丸裕二さんが会長となっています。

 6時に始まり、お決まりの議事進行が終わった後は楽しみの懇親会へと移ります。マスコミ関係はワタクシ一人で、ちょっと寂しい限り。この後は品川港南にある漁連桟橋からの屋形船です。

Th_p1020324
 江戸川の「あみ達」さんの大型屋形船を借り切って、大宴会の始まりです。たくさんの船長が来ているので、話し相手には事欠きません。釣りはもちろん、小指系の話まで楽しい会話は尽きることなく、あっという間にお開きの時間を迎えてしまいました。

 2次会は目と鼻の先の銀座のクラブ、と思いましたが、とあるメーカーの方と有楽町のガード下でいっぱい。少しばかり心残りでした。

 

| | コメント (0)


2010年3月10日 (水)

ボツ取材

Th_dsc_0009 昨日は久しぶりの一つテンヤで勝浦川津港へ行ってきました。北の強風、昼前から雨という最悪の予報でしたが、先週の火曜日に済ませる取材ががシケで出船できなかったので、無理を押しての釣行でした。

 予報はピタリ、加えて2メートルを超えるウネリが押し寄せ、船酔い者も続出です。こんな状況なので、マダイの食いは今一つ。ウマヅラのアタリも少ない一日でした。

Th_dsc_0032  船中7人で1キロ級のマダイ1枚。他にメバル、カサゴなどで納竿時間を迎えました。

 ワタクシも2時間くらい竿を出しましたが、ベラ数尾の貧果。というより、寒さと気持ち悪さで釣りをする気にもなれなかったのが正直なところです。

 当然ながら記事は成立しません。今回、取材の主役でもあった名手Sさんも不発、この後のスケジュールが取れないということで、次号への掲載は見送りとなりました。

 10時過ぎには冷たい雨、2回連続です。もういい加減、雨にはうんざりです。本当は今日もマルイカ取材だったのですが、早々に順延させていただきました。

 

| | コメント (4)


2010年3月 7日 (日)

雨のマルイカ

雨のマルイカ
昨日はブチさんのお誘いと日曜日の雪辱を兼ねて、再び松輪港のN丸さんへ行ってきました。狙いはもちろんマルイカです。

朝、待合所に行って驚きました。ブチさんのほか、ブンさん、パン屋さん、D社の精鋭4人もお集まり。きれいに左舷に並ぶことになったのです。

さすが土曜日、S丸さんにはりょうさんも乗っています。マルイカ名手の揃い踏みといった感じです。

マルイカの乗りは順調でした。ただし群れの移動が早く、合図後の1投目に乗りが集中するパターン。

ところが始めは小降りだった雨も午後から本降り。ワタクシは雨が強くなるたび操舵室に避難したりで中断、1時過ぎには竿をしまって、結局32杯。上々です。

皆さんの釣りにはつくづく感心しました。土砂降りもなんのその、納竿まで誰一人竿を休めずに釣り続けていました。トップはブンさん54杯、ブチさん53杯、さすがです。

とりあえずワタクシは先日の「たった2杯」の溜飲を下げたことに満足、反省点はもっと重馬場に強くなることと思いました。

| | コメント (7)


2010年3月 4日 (木)

日刊スポーツ総会

日刊スポーツ総会
日刊スポーツ総会
昨日は日刊スポーツ共栄会の総会、懇親会に出席するため、箱根湯本ホテルに行ってきました。

6時半から大宴会場で懇親会の始まりです。写真で見るとずいぶんな出席者に思えますが、昨年に比べると2割くらい減った感じ、不況のせいでしょうか。

それでも船長さんたちは元気、元気。とくに金谷のO澤釣具屋の女将さんは元気のかたまり。二次会ではデュエットさせられちゃいました。

三次会はラーメン屋。部屋に帰ったのは翌日でした。

シケ続きで客足も遠いと嘆く船長ばかりでしたが、昨日だけは日頃の憂さを晴らせたようです。

| | コメント (5)


2010年3月 1日 (月)

津波警報

Th_dsc_0065 昨日は今年初めてのマルイカの取材で、剣崎松輪港へ行ってきました。昼ごろまで雨模様、午後から晴れという予報を信じての釣行でした。

 確かに朝から雨、というか土砂降りに近い状態で、ほとんどカメラを出すことができません。風もこれほど強いとは予想できませんでした。

 それでも午後になれば晴れるだろうと期待していましたが、例の津波警報騒ぎ。漁協からの指示ですぐに撤収せよとのご達し。11時に沖揚がりとなってしまいました。

 おかげで写真はほとんど撮れず、撮れたものもレンズに水滴が付いて使用不能ばかり。結局はボツに近い取材となってしまいました。

 ワタクシも途中までカメラを構えていましたが、これは無理と竿を出しましたが、2杯釣っておしまい。でもサイズがいいので、家で食べるには十分の量。さっそく初物を刺身で食べましたが、先日食べたヤリイカより味は数段上。

 これでますますやる気が出てきました。今度の土日、プライベートでマルイカ決定です。だれか一緒に行きませんか?

 

| | コメント (4)


« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »