本文へジャンプします。




2010年9月

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

宴会のち兵庫県

Th_dsc_0012  28日は三浦半島小網代港のM丸さんからカワハギ取材でした。当日は朝から晩まで切れ目なく雨が降るという最悪の予報。やっぱり、お客さんは我われ以外、一人もいませんでした。

「早揚がり覚悟で出よう」という元気な船長の言葉で、なんとか出船にこぎつけました。写真をよく見ると、土砂降りに近い雨なのが分かると思います。

「まずい」と思ったワタクシは撮影に専念、カメラにタオルを掛けて濡れないようにするのが精一杯。竿など出している暇はありません、この日を逃したらもう予備日がないからです。

 幸い、カワハギの食いはよく、2時間ほどでトップ16枚とまずまず。写真チェックしたらなんとか使えそうなのでひと安心です。でも好きな釣り、少しは釣りたかったなあ。これじゃ、ヘビの生殺しだ〜。

Th_p9280075_2  家には2時に到着。パチに行っても負けるのは分かってます。そういえば今日、足立(竹の塚)で宴会があったことを思い出しました。

「行かないと行ったけど、暇になったから顔を出していい?」と幹事のSさんに電話すると、ドタキャンがいたようで快諾。

 駅からチト遠い「みやび」という寿司屋さんです。釣り仲間17人のひっちゃかめっちゃかの酒宴。ワタクシはほうほうの体で9時ごろ逃げ帰ってきました(詳細はミクシイなどで紹介されているので省略します)。さすがSさんの常宿、刺し盛りは最高でしたよ。

Th_p9290077  翌日は4時半起床、6時の新幹線に乗って新大阪へ。迎えに来ていただいた広告代理店H氏の車で約1時間半。兵庫県丹波市にあるささめ針、新社屋竣工記念式典に参加してきました。

 ささめ針は皆さん、よくご存じでしょう。釣りバリ、沖釣り仕掛けのほか、ルアー製品なども多数製作しているメーカーさんです。

「ボウズのがれ」などの仕掛けシリーズなどが大ヒットして会社の景気は右肩上がり。このご時世、めずらしく景気のよい話。新社屋は鉄筋5階建て、延べ床面積3253㎡という立派な社屋です。

 

Th_p9290078  集まったのは業界関係のそうそうたる方ばかり、約150人。これでもずいぶん遠慮していただいたとのことです。東京からは上州屋のS専務、ツネミの社長もお呼ばれ、マスコミはワタクシを含めて3社くらいでした。

 篠倉社長、実はワタクシと同じ歳。東京に来たときたまに一緒に飲んだりもしている仲。以前このブログでも紹介しましたが、2人でギターの弾き語りの店へ行ったりしていたのです。そんな縁があって呼んでいただいたのだと思います。

 パーティは11時から午後3時まで続きました。前日も飲んで、この日は昼間からグビグビ。自分でもよく飲むものだと思います。

 帰りは東京の釣り業界紙の方2人と一緒、新幹線の中でまたもグビグビ。足りなくなって車内販売から追加する始末。東京駅に着いたころには、いい加減酔ってました。家に着いたのは9時ごろ。ひと風呂浴びて、よせばいいのにまたビールをしこたま飲んでしまったのでした。

| | コメント (5)


2010年9月27日 (月)

ラーメンとミョウガ

 週末は台風で延期、今日は雨で延期となかなか釣りに行けてません。したがってブログも休みがち、申し訳ありません。ということで、このところ気に入ったラーメン屋さんの紹介と、日曜日、田舎に帰ってミョウガ狩りをした話をまとめてみます。

Th_p9160058_2 Th_p9160063
 まずは9月16日、世田谷は芦花公園にあるアイバンラーメンです。この名前は聞いて分かる人はラーメン通、店主はアメリカ人、映画「たんぽぽ」を見て感動し、店を開いたという話は有名です。

 自家製麺は細打ち、スープもさっぱり味です。注文したのはラーメン醤油味にネギトッピング(写真失敗ですみません)です。同行したインスパイア系が好みのマコさん、Zenさん、カームさんたちには今一つパンチが足りなかったようです。ナオさん、グリさんは大満足だったようです。ワタクシは……やっぱり二郎に慣れてしまったせいかもうちょっと。でもスープの味はグッドでした。このメンバーとのラーメン屋ですから、行く前と食べたあとにしこたま飲んだことは言うまでもありません。

20100923115410  続いて9月18日、地元新小岩に最近オープンした「麺屋一燈」です。分かりづらい所にできたものだなあ、と思っていましたが、連日大行列。調べてみたら大勝軒の系列のようです。

 この日は土曜日の雨降り、オープンの11時に行ったのですが、やっぱりダメでした。雨の中震えながら20分くらいしてようやく店内に入れました。

 オーダーしたのは濃厚醤油味ラーメン、辛味トッピングです。器の右上にあるのがコラーゲンの魚介系煮こごりみたいなもの、その下がラー油で作った辛味です。

 デフォルトはチャーシューの代わりに鶏肉の団子が入ってます。いわゆる豚骨しょう油魚介系ですが、麺はそれほど太くはありません。並ぶ価値ありの味でした。

 ワタクシは週3〜4回はラーメンを食べていますが、最近は新規開拓に励んでます。でも外れが多く、なかなか紹介するまでに至りません。皆さんの情報を待っています。場所柄「ダチナン」エリアを歓迎します。

20100926095958  さて話はがらりと変わりまして、土曜〜日曜にかけて、お彼岸ともあって墓掃除兼母親のご機嫌伺いのため田舎へ行ってきました。

 前夜は例によってグビグビ、翌日は地元友人の実家、秩父市の奥座敷ともいえる大滝村へお呼ばれしました。

「ミョウガがいっぱいできたから、取りに来い」というリクエストに応えたのです。ミョウガは夏と秋に二回花を咲かせます。味で言えば秋のほうが香りが高くて美味なのであります。

 ミョウガはまさに入れ食い状態、狭いエリアにぎっしりと生えております。取っても取ってもきりがありません。友人と二人、あっという間にバケツいっぱい取ってしまいました。

 まだ取ろうと思えばいくらでも取れます。加えてこの2日くらいで取らないと花が開いて身が柔らかくなって、食べられなくなってしまいます。でも、これ以上取ってもミョウガはしょせん薬味、配る所がかぎられ結局廃棄処分となるのです。

20100926110310  取ったミョウガは水洗いしてしばらく干します。ミョウガの中に入り込んだ水分を除去するため(水が入ると腐りやすい)です。

 帰りにわが田舎自慢の手打ちソバは大量に買い込み、ミョウガの薬味をたっぷり入れてソバ三昧。3人前近く食べてしまいました。

 自宅に帰って今度は刻んだミョウガとキュウリ、シソの実で作ったおひたし。この一日で10個以上のミョウガを食べてしまいました。

「食べ過ぎると○○になる」と言われるミョウガですが、ワタクシは大好物の一つ、気にせずバリ食いしてます。

 さあ、明日はカワハギ。
 あれっ、いつの間にか一つテンヤの竿が積んである……。

 

| | コメント (10)


2010年9月21日 (火)

カワハギ連チャン釣行

20100919133222 最近はツイッターばかりに目と手がいってしまいなかなかブログ更新せず、といっても釣りにもほとんど行っていないのでついついおろそかになってしまい、申し訳ありません。久しぶりの釣りネタです。

 皆様、3連休はいかがお過ごしでしたか。ワタクシは2週連続で休日なし、この連休をとても楽しみにしていました。土曜日にやぼ用ををかたずけ、日曜日からが本格的なプライベートでした。

 何をしようか、もちろん釣りです。涼しくなってそろそろカワハギモード、DKOも近づいてきたので、午後釣りのカワハギへ行ってみることにしました。

 すると午前船から帰って来た船から見たような顔が。浦安吉野屋の常連Sさんと竿メーカーSのKさん、それにSさんの友人Y女史も港で待ち受けていて、いずれもが午後釣りへも乗るというのです。

 おまけに仲乗りにこれもお友達のKさん、楽しい船上になりそうです。総勢14人で出船。午前の勝山沖と変わり、午後は冨浦沖を中心に狙います。ここは数より型の場所です。

 アタリはポツポツで派手な盛り上がりはありませんでしたが、終始底中心に狙い良型ばかりを12枚、トップは14枚で2番手でした。数的には今一つでしたが、あの名人のSさんを上回る数字を上げたことで、自分なりに満足しました。何しろあのSさんは何を釣らせても名人クラス。今まで色んな釣りでご一緒しましたが、ほとんどがSさんの半分くらいでしたから。

 やはり、自分の使い慣れたタックルと仕掛けで釣ったことがよかったと思います。この勢いがDKOまで維持できればいいのですが……。

 と、本来は午後釣りが終わって帰るつもりでしたが、D船長やカワハギ船のN船長たちから「明日も乗れば」のお誘い。Sさんたちも翌日は違う船宿でカワハギ乗合にのるとのこと。

 考えるまでもなく即決。というか、「みんなでいっぱいやりましょう」という誘惑に負けたというのが正解です。船長2人、仲乗りのKさん、それにメーカーのKさんも付き合って港近くの格調高い居酒屋で宴会です。

 釣ったカワハギの刺身、なぜかステーキも振る舞われ、あっという間に焼酎2本が空。飲み足りないワタクシは宿に戻っても締めのいっぱいでヘ〜ロヘロ。

 飲み過ぎると早起きするのが今の癖。3時に起きて港周辺でウロウロして出船時間の5時半を待ちます。この日は連休最終日、平日並みの静けさ(といってもイカ船1隻はほぼ満船)、カワハギ船は10人でした。

 午前船は勝山沖が中心。仕掛けを上げるたびにツンツルテン、これはエサ取りと放流マダイが多いせいです。もちろん、小型のハイスピードカワハギも多く、ハリ掛けの練習には最適です。

 朝のうちは調子よく釣っていましたが、太陽が上り始めると厳しい暑さが襲います。加えて寝不足と二日酔いが加わって、徐々に体力を奪っていきます。

 それでも釣れていると元気になるのが釣りバカの性。何度か休憩を取りながら納竿までに26枚。トップは35枚でしたから上々の成績といえるでしょう。ちなみに釣果はすべて差し上げ、クーラーはイカ船の方からいただいた沖干し数枚でした。

 沖揚がりして速攻で帰宅、京葉道路で大渋滞が予想されたからです。自宅に着いたのは午後3時過ぎ、夕飯までは数時間、これまた速攻でパチンコ屋へゴ〜です。

 1週間ぶりのパチでしたが、またまた惨敗。これなら渋滞にはまって夜に帰宅したほうがよかったと反省するワタクシでした。

 

| | コメント (2)


2010年9月16日 (木)

パソコン新調

Th_p9160056 パソコンを新調しました。iMacOSⅩ10.3.8から10.6.4へ大きくジャンプアップ。画面も21.5インチと大きく、LEDバックライトでとてもきれいになりました。

 昨日、梱包されている箱を開いてびっくりしたのは、コードが1本しか入っていないこと。マウス(マジックマウス)もキーボードもすべてワイアレスで、デスクトップもすっきり(以前はもっと散らかってました)。唯一のコードは電源用だけです。以前のiMacの必要情報もAirMacを介して取れるので、ファイアーワイヤーのコードも不必要。3.2GHzのプロセッサ、ハードディスクは2TB、たいしたものです。

 今日の夜からいじくりだしましたが、まあサクサク速いこと速いこと。といってもキーボードの遅打ちは相変わらずなので、仕事効率はあまり変わらないようです。

 閑話休題。このところ仕事のほうが忙しくてあまり釣りに行ってません。ブログの更新もサボりがちなのもそのせいです。次の釣行は連休中あたり。DKOも近づいてきたので、そろそろカワハギモードに入ろうかと思ってます。

 

| | コメント (1)


2010年9月13日 (月)

老体に鞭打って

Th_dsc_0014 行ってきました、一つテンヤ連チャン釣行。まずは土曜日、勝浦川津港のK丸さんからの出船です。この日は色いろな商品の船上撮影もあったので、スタッフは釣り手も含めて総勢6人の大所帯。おなじみ富津のSちゃん、ハマのキス釣り師Hさんなどの有名人のほか、なぜかおかっぴちゃんも来ています。

 前日、大原で宮本英彦さんがいい釣りをしているので期待をしていましたが、どうやらあの爆釣は前日の午前中で終わったみたいです。

 朝のうちはポツポツと塩焼きサイズが上がりましたが、あとはまったりムード。あちこちのポイントを探りましたが、トモのお客さんが2キロ級を上げたくらいで、船中0〜4枚に終わりました。でも、トップを取ったのは一つテンヤ初めてのエリちゃん。この間、Sちゃんと一緒にタチウオの表紙を飾ってくれた方です。

 当然、午後釣りにも乗船。お客さんは一人だけ、あとは私たちだけのまるで仕立船です。午後もまったりムードでしたが、突然編集長Oの竿が大きく曲がりました。ヤリトリの末上がったのは、なんと5.5キロの大ダイ。初めて下ろしたリール、Sで釣ったのです。ワタクシの持っているのと同じリールなのに、なんてこった、であります。

 それからはまたまたまたまったりムード。めぼしい釣果のないまま納竿を迎えてしまいました。

 まあ、取材にはなったのでひと安心です。汗と塩まみれの体に寝不足が加わり、老体に鞭打って大原へ移動。連チャン釣行唯一の楽しみ、予定していた焼鳥屋「みずほ(0470-62-3021、ネットには詳細情報なし)」に向かいます。

 この店は10年来、大原で泊まるたびに行くお店。新鮮な肉を使った焼き鳥と刺身が自慢です。とくにレバーの半生焼きとタンハツ刺身は絶品。お近くにお寄りの際はぜひ。

 代行に送ってもらい、その日は爆睡……の予定でしたが、一緒の部屋に寝た広告部Sの大いびきにやられました。満足に寝られないまま、翌日はS丸さんから出船に合わせて、3時半起床、4時半出船。この船は一昨日、宮本さんが大釣りした船、日曜日とあって14人の満船です。

 しかしワタクシは疲れと眠気で朦朧としています。どうも釣りに気合が入りません。猛暑もあったし、釣況が今一つだったこともあるでしょう、終日だらだらと釣りをしていたようです。

 船中では1.6キロが最高。ワタクシは塩焼き1枚に終わりました。船長や同船していた幸ちゃんに「午後も乗りなよ」と誘われましたが、体が言うことを効かず固辞させていただきました。

 やはりアラ還を前にしたワタクシに2日連続、午前午後は無理のようです。家に着いてそのまま爆睡のはずが、どうも昼間のうちは寝られません。結局はパチに行ってやられ、もっと疲れて帰ってきたお馬鹿なワタクシでした。

 

| | コメント (7)


2010年9月10日 (金)

マダイ大釣りの予感

「やっぱり、今日行ってしまえばよかった」と言っても始まりません。あの台風の進路や規模を3日前は予想できなかったからです。金曜日はまだウネリが残って、出船すらおぼつかないと思っていたからです。

 で、今朝出勤と同時に飛び込んできたのは大原沖の一つテンヤ「爆発!」のニュース。S丸に乗船したMさんは午前釣りでなんと23枚、2番手でも21枚の大釣り。型もよく最大3.2キロ、1〜2キロ級も多数上がったというのです。

  明日の釣りは総勢4名の撮影隊。一日繰り上げ、ナギたから行ってみようというわけにはいかないのです。明日は大原からちょっと南下した勝浦川津港、運を天にまかせての釣行、午前がだめなら午後釣りの覚悟で行ってきます。

 土曜日はそのまま大原の民宿に泊まって、日曜日は大原から再び一つテンヤです。加えてMさんが大釣りした船を抑えてあります。果たしてそれまでマダイが釣れてくれるか……。

 というわけでブログは月曜までお預けとなります。大釣り情報を期待してください。

 さてと、大原のうまい居酒屋を探さないと。

 

| | コメント (4)


2010年9月 8日 (水)

台風の影響

「たまには台風が来てくれないと」とつぶやいたら、本当に来てしまいましたね。9号は本州直撃、内房から外房へ抜けるコースみたい、こんなの初めてかも。

 おかげで明日、明後日の取材予定がすべて吹っ飛んでしまいました。無理すれば金曜日は出られそうな感じですが、釣行予定が外房なので土曜日以降に延期しました。

 そのあおりを受けて、土曜日のプライベート釣行、月曜日のドクモ取材までもがチョン。とくに土曜日の釣りは以前から予約していた人気の釣り物(なんでしょう?)だけに残念、代わりの人に譲ってしまいました。次に行けるのはいつになるか分かりません(涙)。

 で、土日曜日は外房で一つテンヤ連チャン釣行。午前釣りでダメなら午後も乗るつもりでいます。シケ後の大釣りを期待していますが、果たしてどうなることやら……。

| | コメント (5)


2010年9月 6日 (月)

一つテンヤ惨敗

 お伝えしたように、昨日は久しぶりの釣り、大原港一つテンヤマダイ釣り大会でした。乗船したのはS丸、同行は先日新潟でワタクシの竿を使って3.7キロの大ダイを釣ったナオさん、ネットのお誘いで唯一付き合っていただいたおかっぴちゃん、一つテンヤの名手幸ちゃんと鈴木新太郎さんの5人です。

 当初はスカスカの乗船者のはずでしたが、さすが大会、前日には定員いっぱいの14人がが集まりました。一行5人はバラバラの席、ワタクシは左舷大ドモでした。

 これはチャンス! と思いましたが、潮は澄んで動かず、おまけにベタナギ快晴のまさにナギ倒れ。ワタクシたちの船では1枚のマダイも上がりませんでした。ワタクシはヒラメ1枚がめぼしい釣果。

 それでも他船では7キロ近い大ダイ、11キロのカンダイなど、数は今一つながらそこそこのマダイは釣れたようです。

 大会では多数の賞品が用意されていました。ジャンケン大会や抽選会などで、ほとんどの方が何かしらの商品をもらっていました。それなのにワタクシは靴下1足、なにか釈然としないマダイ釣り大会でした。

 大原の海もちょっとおかしいようです。海水温23度ですが、底潮はもっと低い感じ。あれだけ潮が澄んで動かないのに、ウマヅラは船中わずか1尾。魚の活性というより、海自体の活性が低く感じられました。被害を出さない程度の台風がきて、うまく海をかき混ぜてほしいものです。

 釣りはだめでも相変わらず競馬は絶好調。土曜日、先週当たった馬券を換金するついでに1レースだけ勝ったら、またまた大当たり。これで3週連続です。この記録、いつまで続くことやら。

| | コメント (6)


2010年9月 4日 (土)

明日こそ釣り

Th_p9030053 もう1週間以上、釣りに行っていません。おそらく今年になってこれほど日を空けたのは初めてです。

 一日だけ行く機会はあったのですが、猛暑が釣行気分を削いでしまったようです。8時から15時までのカワハギ釣り、何年か前に熱中症になりかけたことがあったからです。

 で、ずっと会社で仕事。金曜日はフィッシング会館で日本釣りジャーナリスト協議会の定例会もありました。

 出席者は20人ほど。釣り人専門官の山崎氏、海上保安庁の山下氏、(社)全釣協の方たちをゲストに活発な意見が交換されました。

 土曜日はまた会社、残った仕事をかたづけて明日は実に10日ぶりの釣り。大原港一つテンヤマダイ釣り大会に選手権取材者で乗船します。同行は幸ちゃん、ナオさん、おかっぴちゃん、鈴木新太郎さんですべて同じ船なのできっと楽しい船上になるはずです。

 今回は新しい竿を持参しているのでこれも楽しみ。でっかいマダイを釣って表彰台を狙います。

| | コメント (10)


« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »